2020年11月30日

日本の「銀」とオランダ、東南アジアの関係


スクリーンショット 2020-11-30 104957.png


関ヶ原の戦いが1600年。

1603年に家康は江戸幕府の初代将軍になる。

1615年に大阪冬の陣で、豊臣方が消える。


アメリカの歴史は移民と植民地、独立の歴史。

1493年から1776年はイギリスとフランスの植民地。

1776年から1789年は独立戦争と国家建設の時代。


1603年はスペインが攻勢を誇っていた時代。

その当時日本は「銀」産出で世界の3分の1を占めていた。

特に有名なのが「佐渡」の銀山。

家康が豊臣に対抗するために、日本全国の銀山を開発。

当時年間100トンの銀を産出。

佐渡だけで2300トンの埋蔵量があった。


日本には佐渡・岩見・生野・倉谷・院内・八森・畑・延沢
・黒森・半田・縄地・土肥・多田・対馬と開発された。

佐渡においては5万人が投入され、昼夜休みなく採掘。


ここに世界初の株式会社「東インド会社」を使い、
日本の銀と、スペインの植民地を狙い動き出していた。

それが「オランダ」である。

彼らは家康に近づき、日本の銀を狙っていた。

その後スペインも家康に近づいたが、オランダに負ける。


家康はオランダを選んだ。

オランダは「貿易のみ」を家康に伝えていた。

但し、貿易品の支払いは「銀で」とお願いしている。


方やスペインは「貪欲」な方針で家康に交渉。

家康が欲しくてたまらない「鉱山技師」を派遣すると約束。

但し、条件は産出の「銀」の半分をスペインが頂く。

ライバルのオランダ人の追放。

キリスト教の宣教師の布教を認める、3つを条件として出した。


スペインは日本のサムライの強さを認識しており、
普通に戦争しても勝てないと分かっていたので、
「キリスト教徒」を多く作ろうとしていた。

つまり将来の自分達の「兵士」として使うために。

スペインは本気で日本を植民地にするつもりだった。


ところがオランダは「貿易のみ」しか興味は無いという。

これで徳川幕府は「オランダ」を選ぶ。


家康から見捨てられたスペインは、豊臣家につく。

豊臣についても、スペインの目的は同じ。

日本の植民地化。

当時のフィリピンとメキシコと同様にしたい。


大阪夏の陣で、家康方は劣勢。

豊臣方は、スペインから火縄銃、鉛の弾を調達していた。

「接近戦」では徳川は勝てない。


そこで家康はオランダに「大砲」の製造を依頼。

これが当時世界最先端の軍事兵器「カノン砲」である。


当時オランダはヨーロッパの軍需産業の中心地。

特に戦国時代の日本が上客。


火縄銃が届かずに、天守閣・御殿を直接攻撃できる大砲が、
どうしても必要だった。

その距離は約500mだが、当時はなかった。

冬の陣で「カノン砲」12門が火を噴いた。

6sの砲弾が秒速340m(音速に近い)速度で飛び、
天守閣などを直撃した。

このようなこともあり、徳川が勝利した。


さて、日本はこの後265年に及ぶ徳川政府が続くが、
それまで「戦(いくさ)」で食っていた「武者」達が
食っていく場所を失った。

その後オランダは家康と更に密になっていく。

日本からは火縄銃・日本刀が輸出されるようになる。

そこに「日本の武者」も入っていく。

彼らは「日本人の傭兵」として雇われていった。

その数、数千人に及ぶことがオランダの資料から判明。

徳川はオランダの力を利用し「御朱印船」で東南アジアに
ドンドン進出していく。

各地に「日本人町」も多くできた。

オランダは戦上手な「日本人傭兵」を巧みに利用し、
スペインの植民地を簒奪していく。

その後の世界の船の4分の3は、オランダの旗が靡いていた。

(NHK 大戦国史より)


この番組を見ていて、家康がもしスペインを選んでいたら、
オランダは豊臣についたのではないか?

もしスペインが日本に入っていたら、すべてキリスト教徒に
されていたのではないか?

もし日本が植民地になっていたら、アジア全域も
いまだにヨーロッパおの植民地になっていたのでは?


日本の「銀」が歴史を彩ったのが良く判りました。

当時から「貿易戦争」はあり、今も続いている。


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com
posted by スクラップマスター at 10:54| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

1996年の「プラスチックチャイナ」を覚えてますか?

1996年に発表されたこの映画、衝撃を与えました。

この映画の影響で、中国の廃プラ輸入が禁止されたと言っても
言い過ぎではない内容でした。


これは中国人の「王久良」監督によって公開されたものです。

(その映像)


01.png

02.png

03.png

04.png

05.png

僕らも実際にこのような現場に行っています。

再生プラスチックと言ってますが、ほとんどゴミ捨て場です。


どの様なものかと想像してください。

家庭用ごみの中から「残飯、料理残差」「紙類」を除いた
すべてのゴミが、「廃プラ」として入っていた。

例えば、ヨーグルトや飲料の残っている「プラ容器」、
食品カスが付いている「ビニール・容器」です。

強烈な臭気を放っている中で、黙々と選別・加工をして
いました。

僕が日本で見たものは「産業廃棄物」から出たものが
多かったので、「これはどの国から来たもの?」と聞いた。

「ほとんどがヨーロッパ」から来たとのこと。


日本の荷物も酷いと思っていたが、ヨーロッパ各国から
くる「廃プラ」は最悪の品?。

中国をゴミ捨て場と考えていた。

そして今変わってきている。


07.png


現在「王」さんは、新たな映画を手掛けている。

それは「海洋プラスチック」に関する映画だ。

06.png

08.png

彼は漁師と海に出た。

網の中には数匹の魚と、少しの貝と残りは大量のプラゴミ。

中国の漁業も危機的状況なのだ。

彼はそれを映画にして、中国国民に問うのだろう。


「海をどうするつもりだ?」と。


北京では「分別収集」が凄い勢いで始まっている。

少しづつではあるが、意識は変わってきている。

10.png

11.png

12.png


果たして中国は変わるのだろうか?

この映画が完成したら是非見てみたいですね。



ではでは・・・

スクラップマスター南

yukmm425@gmail.com
posted by スクラップマスター at 12:28| 廃プラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

政府が考えている事を教えて欲しい。

01.png

02.png

03.png

04.png

05.png

06.png


これは昨日のニュースです。

「とにかくプラスチックをリサイクルしろ!」ということ。


ところが多くは海外で「リサイクル」されている。

先日も「バーゼル法」で来年からどうなるか?と聞かれた。


彼なりに情報を取っているが、どうも腑に落ちないようだ。


先日環境省の人間が視察に来た会社がある。

たとえば「同品種」「色混じり」の粉砕品を見た。

環境省の見解では「色混じりはダメ」です。


でも、色は「黒」にするから問題は全くない、と説明した。

すると担当者は「なるほど、ではOKですかね?」と答えた。

あくまで個人の主観としてだが。


これを「OK」にしない限り難しいと思います。

他にも色々あるが、この機会に意見を述べてみては。


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com
posted by スクラップマスター at 09:24| 廃プラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

鉄の価格上昇が止まらない

1.png
価格.png


上の表は東京製鐵「特級」価格。

田原海上を例にすると、8/8の23000円への上げから、
11/25の32000円まで一気に上昇している。

ちなみに最近の高値は2019/3/13の40000円。

2018年は37500円から38000円になり、年末で30500円。


こうやって考えると現在の32000円は決して高くない。

一時期日本の甲山の品質劣化が指摘されて、海外からの
オファーが途絶えたと言われていた。

ところが「新断」「HS」などの上級屑に関しては
世界的に引き合いが強い。

特にトルコや「中国」の旺盛な需要がけん引している。


こうなると昔ながらの鉄くずやの手法が間違っていない
ことに気づく。

鉄は国家なり。

有事の鉄。


そんな風に言われていたが、鉄は腐らない。

ある社長が言っていた。

「こんないい商売は無い!鉄はサビても売れる」
「どんなに乱暴に取り扱っても、鉄くずは鉄くず!」と。

そのような人達に共通なことは、安く仕入れた鉄を
いつでも売れる状態(炉前)にして、とにかく積む。

広い敷地にとにかく積み上げる。

そうなると他の商社や、鉄屋さんがわらわらと寄って来る。

今が売るチャンスですと言いながら。

でも彼らが見ている相場は、1年に一度、もしくは
数年に一度の「大相場」。

だから鉄くずが安い時に黙って仕入れて、その時を待つ。

この3年間で一番安い時が23000円くらい。

だとしたら、当然のように4万円台が視野に入る。


ただし、当然だがその間の人件費や経費もかかる。

だから自己資金が潤沢な会社しかできない芸当。

もしくは少ない人で、経費もかけずにとにかく時を待つ。


鉄や非鉄スクラップなど、参入障壁が低い所では、
数年で一財産築く強者も必ず現れる。

一種の博打のような世界。

だから決して無くならない。

昔は「残渣」も平気でスクラップに混ぜていたが、
今はそんなことはできない。

やはり「ゴミ問題」が絡むので、今から参入しようとする
人は、それをクリアしないと難しい時代です。

・・・・・・・・・・・・・・・

世界がEV化に向かっている、現在原油価格は40ドル前後。

実はLNG(天然ガス)相場はもっと悲惨になっている。

原油に換算すると12ドルくらい。


アメリカのシェールガス・オイルは再編の嵐の只中。

中には撤退したところも少なくないが、これを「機」と
捉えて、M&Aも加速している。


やはり「中国」の方向性から目が離せない。


今日は名古屋の、ある会社にお邪魔して打ち合わせ。

フ○○○○素材の部品を作ってもらうため。

これで「試作品」を作り世に送り出す。

そのように考えて動いてる会社のお手伝い。


その部品製作は問題ないそうだが、問題は
試作品作成の費用。

さてさていくらになるのでしょうか?


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com


posted by スクラップマスター at 08:23| 鉄屑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

ペットボトルに関して

スクリーンショット 2020-11-25 094535.png

ペットボトルリサイクル推進協議会は、18日の記者説明会で
「PETボトルがマイクロプラスチックになるような兆候は
見られなかった」と結論付けた「マテリアルライフ学会
第24回春季研究発表会」の報告を紹介した。


今回メーカーの協力を得て、460本回収したペットボトルを
調べ、その内230本の製造年を特定。

中には20年以上放置されたものを分析したところ若干の
劣化とクラック(亀裂・ひび割れ)が認められた程度で
あったことが判明した。

ボトルの外面と内面で分子量測定や電子顕微鏡観察を
行った。

結果、外面で分子量低下などの若干の劣化と、若干の
クラックが認められただけで、冒頭の結論を導き出した。


小型のペットボトル(500ml以下)の販売が解禁されたのは
1996年で、24年しかたっていない。

が、日本のPETボトルはマイクロプラスチック化していない
と推定している。

PETボトルはは非常に紫外線に強い樹脂なので、業界人は
感覚的に分かっていたようだ。


またペットからペットを作る水平循環リサイクルは
年々着実に増加している。

2019年度は7万4200トンとなっている。

リサイクル率は85.8%、有効利用率は98%となっている。


スクリーンショット 2020-11-25 100820.png

回収量.png

海外分.png

(PETボトルリサイクル 年次報告書2020)より
※一読することお勧めします。


今ペットボトルリサイクルが苦境に立っているのは、
原料ナフサの価格下落と、「海外市場」の不況。

多分ペットのベーラー品は現状10円/sくらいだと思う。

加工賃は35〜40円/sは必要。

だとすると、キロ50円以上で売れないとダメ。

更に海外の繊維業界の操業が滞っているのも大問題。


だから国内のB to Bだけでは済まない話です。

さらに「マイクロプラスチック」にならなくても
「海洋プラスチック」ではある。

捨てないのは大事ですが、売れない分をどうするか?

これからの課題ですね。


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com







posted by スクラップマスター at 10:25| ペットボトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする