2020年11月17日

アイアールユニバースのZOOMのご案内

アイアールユニバース棚町社長から連絡入る。

以下のようにZOOMセミナーを開催するようです。



 この度11月25日(水)にオンラインセミナー

「廃炉解体ビジネス(ベステラ)&中国鉄スクラップ需要動向
(柴田産業)」を開催することとなりましたので、下記の通りご案内致します。



 【日 時】2020年11月25日(水)15時00分〜17時00分

 【テーマ】「廃炉ビジネス含めた解体市場の今
       &中国の鉄スクラップ需要動向」


 【プログラム】

  1.15時00分〜15時30分 ベステラ株式会社 
    代表取締役会長 吉野 佳秀氏

    「廃炉ビジネスと風力発電解体市場の広がり」

  2.15時30分―16時00分 
    柴田産業株式会社 代表取締役 斉 浩氏

    「中国の鉄スクラップ輸入解禁に向けた動き」

  3.フリーディスカッション:
    リサイクルNEWビジネスについて



  ※随時、皆様の率直なご意見等をお聞かせください。

   ご質問は事前にも受け付けておりますので、
   お気軽にご連絡ください。



 【ツール】ZOOM



 【参加費】: MIRU会員 1,000円/社(税込)

        非 会 員  3,000円/社(税込)

       ※別途、御請求書(pdf) をご案内致します。



 【お申込み】

申し込みフォーム:https://www.iru-miru.com/inquiry.php



フォーム内の【お問い合わせ】に
「11月25日オンラインセミナー参加希望」とご記入ください。

複数名でご参加される場合は、出席者皆様のお名前、
使用デバイス数をご記入ください。

お申込み後、2〜3日経っても返信がない場合は
事務局までお知らせください。(土日除)



 【窓 口】IRRSG事務局 TEL:03-5847-6015



 初めての方も、これまでご出席くださった方も、
 皆様のご参加をお待ちしております。

(IRRSG事務局)


・・・・・・・・・・・・・・・

僕は個人的には「中国の鉄スクラップ輸入解禁に向けた動き」
が非常に気になります。

面白そうと思ったら、是非参加してください。


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com

posted by スクラップマスター at 08:46| アイアールユニバース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国という国はお金持ち?

現代ビジネスより


李克強発言の根拠が国家統計局の統計データであることが
明らかになったことによって、人々の不信は驚愕と失望に
変わったのだった。

李克強が述べた「月収1000元」の人口は6億人だったが、
これを「低収入」の定義である「月収2000元以下」にまで
拡大すれば、その人口は9.64億人となり、総人口に対する
比率は69%にまで達するというのである。


月収別に見た農村人口と都市人口の比率はどうなって
いるのだろうか。
経済雑誌「財新」が『中国統計年鑑2019』のデータから
推計したのが次の表である。


004.png


月収2000元未満の低収入で見ると、人口合計9.64億人の
内訳は、農村部6.45億人(4.54億人+1.91億人)に対して
都市部3.19億人(1.46億人+1.73億人)であり、農村部人口が
都市部人口の約2倍となっている。

これに対して、月収が2000元以上の中等収入・較高収入・
高収入は合計が4.36億人であり、その内訳は農村部1.45億人
(1.26億人+0.19億人)に対して都市部2.91億人(2.38億人+
0.53億人)であり、都市部人口が農村部人口の約2倍となっている。

都市部にも月収2000元未満の人口が3.19億人も存在している。
一方では、農村部にも月収2000元以上の人口が1.45億人
存在しており、さらに月収5000元以上が0.19億人も存在する
ことには認識を新たにさせられたと言う事ができる。

なお、この「財新」の推計値では農村人口7.9億人、都市人口
6.1億人となっているのに対して、国家統計局の2019年末
データでは農村人口5.5億人、都市部人口8.5億人となっていて、
大きな差異がある。
しかし、一般的に言って、中国の数字は国家統計局の数字でも
信頼性に欠けるきらいがあるので、どちらが正しいかの判断できない。

1. 全国で賃金が1万元以上の人口比率が多い都市のランキングは、
1位:上海市(35.09%)、
2位:北京市(35.07%)、3位:深圳市(26.91%)、4位:南京市(19.37%)、
5位:杭州市(18.6%)、6位:広州市(14.74%)であった。
2.インターネット業界、不動産業界、金融業界が賃金水準の
トップ3である。
3.仕事を始めて10年以上経過して賃金が1万元(約15万7000円)
を超えた人数は30%に満たなかった。具体的に言えば、10年
働いて賃金が1万元を超えた人は、インタビューに答えた人の
22.44%しかいなかった。
賃金が1万元を超えた労働開始からの期間とその比率は、
1〜3年:8.13%、3〜5年:13.73%、5〜10年:16.82%、
10年以上:22.44%であった。

2020年7月までの統計で世界の億万長者は2189人であった。
この中に含まれたアジアの億万長者は831人であり、
その中の415人が中国人の億万長者であったが、
それは億万長者全体の約19%を占めた。
なお、中国人億万長者415人の98%は裸一貫から事業を
立ち上げた創業者だった。

これに続いて、11月3日には中国の民間シンクタンクである
「胡潤研究院 (Hurun Research Institute)」が毎年恒例の
「2020年胡潤百富榜(中国富豪ランキング)」を発表した。

同ランキングは、20億元(約314億円)以上の個人資産を所有する
富豪を対象にしたもので、今年は過去最高の2397人がランク
インし、彼ら全員の資産合計は27.5兆元(約432兆円)に達したという。

 日本のGDPは2019年に554兆円であったから、彼ら2397人の
資産総額は日本のGDPの78%に相当することになるが、
これは驚くべきことだと言えよう。

胡潤研究院の解説によれば、2397人の富豪の中で1000億元
(約1兆5700億円)レベルは上記の3人を含む41人であり、
100億元(約1570億円)レベルは昨年より200人増えて620人になったという。


本当の実態はいみじくも円グラフを見たネットユーザーの
1人が投稿したように、「800万人以上の国家幹部の大部分は
金持ちであり、2000万人から3000万人に上る彼らの家族が
莫大な消費を行うグループの主体を構成している」と
いうのが正鵠を得たものと言えるのではないだろうか。

我々はとかく中国には富裕者が溢れているかように誤解
しがちだが、中国の実態は依然として中進国の罠から抜け出せ
ないままで、先進国には、なれていないのだと認識することが必要だ。

2020年9月に国税庁が発表した『民間給与実態調査』によると、
日本人の平均年収は 436万円であるという。
ここから所得税、住民税、社会保健・年金を差し引いた手取り
年収は350万円で、これを12ヵ月で割った手取り月収は
29万2000円(ただし、ボーナスを含まない)になる。

上述したように中国の住民1人当たりの平均月収は2561元
(約4万210円)であり、日本の29万2000円と比べると6.26倍の
差がある。
日・中両国間には物価の違いは存在するが、そうは言っても
6.26倍の月収差は極めて大きいと言わざるを得ない。

その事こそが先進国の日本と中進国である中国との
歴然とした違いだと言えるのではないだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

米大統領選をめぐり、トランプ大統領は15日、
「彼が勝利したのは、選挙が不正だったからだ」とツイートした。
「不正選挙」という留保をつけたが、バイデン次期大統領の
勝利に初めて言及した形だ。



今日から明日まで出かけます。

除菌ジェル、スプレー、マスクなど、電車内でもマスク。

打ち合わせも距離をとり、渡す資料もアルコール除菌。

4〜5社回る予定です。

このような時期に時間を取っていただき感謝です。


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com

posted by スクラップマスター at 07:29| 中国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

RCEPとは?

002.png

003.png

001.png

米大統領選挙の結末は見えてきたが、アメリカは二分している。

すでにアメリカ人口3億3000万人の半数以上が白人ではない。

さらにアメリカは中国や気に入らない国に大幅な関税を
かけたり、脅しもかけている。

力が正義のやり方も向かう先が見えない。


このような状況で「RCEP」が発足する。

「RCEP」は東アジア地域包括的経済連携。

これは世界の貿易額で3割を占める大型の自由貿易協定
(FTA)である。

※FTAとは、特定の国・地域の間で、物品の関税やサービス
貿易の障壁等を削減・撤廃することを目的とする協定。
関税や非関税障壁をなくすことで締結国・地域の間で
自由な貿易を実現し、貿易や投資の拡大を目指すもの。

FTA相手国との取引のある企業にとっては、無税で輸出入が
できるようになり、消費者にとって相手国さんの製品や
食品などが安く手に入るようになるなどのメリットがある。

※EPA(経済連携協定)との違いは?
関税の撤廃・削減を定めるが、EPAは知的財産の保護や
投資ルールの整備なども含めるという違いがある。


RCEPは、ASEAN(東アジア諸国連合)10か国に日本・中国・
韓国・オーストラリア・ニュージーランド・インドの16か国で
進めていたが、インドは離脱(後から参加できる)しており
15か国での発足となる。

日本にとっては貿易額で1位の中国、3位の韓国との
初のEPA(経済連携協定)となる。

中国・韓国ともに9割程度の工業品で日本から輸出する際の
関税を段階的に撤廃する。
特に自動車部品などの輸入拡大への期待が大きい。

食品に関しても、中国向けの日本酒やホタテ、韓国向けの
焼酎などの関税を段階的に撤廃。

輸入に関しては、コメや麦などの「重要5品目」は関税引き下げの
対象から外す。
農業生産国が多い事情に配慮して、農林水産物の高度な
自由化は見送った。

工業品や農林水産品の関税削減・引き下げに加え、データの
流通や知的財産など計20の分野で共通のルールを設ける。

投資企業への技術移転要求を禁止するほか、コンテンツや
データなどのデジタル情報に関し、国境を越えた自由な
流通の確保を各国に求める。

(日本経済新聞より)


このRCEPは欧米からの脱却のように見える。

8年前(アメリカはオバマ)から準備が進められていた。

8年の時を経て、アメリカの国内は二分されている。

中国は華為による5Gの先端を走っている。

デジタル人民元も運用が始まる。

人民元の国際取引は2%程度だが、デジタル人民元が
このRCEP国際取引3割の世界で実用され始めたら、
アメリカはどうするのだろう?

今後も注目しなければならない。

・・・・・・・・・・・

昨日「GYAO」で無料の映画を見た。

舞台はとあるアフリカの国。

「族長」が取り仕切る世界に、中国と欧州の通信会社が
その国のデーター通信の入札を行うという設定。


ああ、これが「プロパガンダ」というものかと感じた。


マイクタイソンやスティーブンセガールも出ていた。

「沈黙の大陸」


ストーリーは中国の優秀な営業マンが、欧州のライバル会社の
執拗な嫌がらせや、脅しに屈せずに契約を取るという内容。

そこで主人公が叫んだ言葉がこの映画のすべて。


「白人はアフリカ人を奴隷にしてきた。中国は古くから
商人がアフリカに来ており、我々は誰一人殺していない。」

「中国は昔からアフリカの友人である。」と。


部族間の境界を突破するときに「中国国旗」を掲げる。

すると「我々の友人達よ!」と無事に通過できる。

それを邪魔するのは「白人」という徹底ぶり。


映画自体は面白いが「中国旗」を掲げて車で走る姿は、
昔の「アメリカ映画」の手法そのもの。


僕個人の意見ではアフリカの「植民地化」を狙っているとしか
思えないが、「古くからの友人」と言い切っている。

一度観るのもいいかもです。


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com
posted by スクラップマスター at 09:26| RCEP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日

銅と鉄

アイアールユニバースの記事より

中国の銅地金輸入は今年、かつてないほど伸びている。
その動機として輸入規制による銅スクラップの減少も
一因だが純粋な銅需要の増加もあり、またLME→SHFEへの
アービトラージの買いによる投機的な輸入増も挙げられる。

中国の10月の電気銅(未加工銅、以下同)輸入量は618,000トン。
1〜10月の累計輸入量は5,600,000トンで、残り2か月を残し
ながらもすでに過去最高の電気銅輸入量を記録している。


スクラップの輸入は、中国の銅純度の基準値(Cu98〜99%以上)
が高く、新しい高品質のリサイクル可能な材料の割り当て
システムの実装が遅れているため、輸入は低調に推移している。
1月から9月の銅スクラップ輸入量は前年比47%減少しており、
結果、中国の銅加工メーカーは地金の輸入を増やすこととなった。

さらに中国での銅備蓄の噂も輸入増に拍車をかけている。


中国のアルミニウム地金輸入も増えている。
特にアルミ合金は歴史的な増加を記録。

この国は世界最大の生産国であり、貿易の流れは歴史的に
半製品の形での輸出に大きく傾いていたのだが、今年6月以降、
一次アルミニウムと合金アルミニウムの輸入が急増。
中国は2009年以来初めて7月から8月にかけてあらゆる形態の
金属の純輸入国に転向したが、9月には輸入洪水が減少する
兆しを見せた。

合金の需要の増加は中国のスクラップ輸入量の減少による
ものであり、アルミニウムスクラップの輸入量は2020年に
これまでのところ49%減少しています。

銅とアルミ以外では輸入は増えていない。

前回の危機(リーマンショック)のとき、中国は大量の
精製亜鉛と鉛を引き上げました。

精製亜鉛の輸入量は、2008年の183,000トンから2009年には
670,000トンに急増し、2017年までこの記録は更新されなかった。

精製鉛の輸入は2009年に31,000トンから157,000トンに急増
しましたが、これは依然として年間の最高輸入レベルとなっている。


しかし今回は、同様の輸入意欲の兆しは見られません。
年初来の亜鉛輸入量は昨年比25%減の358,000トンで、
鉛の合計はわずか21,000トンで、2019年比76%減です。


中国の精製ニッケル輸入量は、2020年9月までで合計98,000トン
に過ぎず、前年比40%減少し、2008年以来の最低水準となっています。

中国の輸入ニーズは、ステンレス鋼の生産能力の増強を
反映して、過去10年間で劇的に変化しました。
ステンレスミルは、精製金属ではなく、ニッケルピッグアイアン
(NPI)またはフェロニッケル、スクラップを使用するようになっている。


国の貿易はフィリピンからのニッケル鉱石の輸入によって
支配されるようになりました。インドネシアからはNPI。

精製ニッケルの輸入は2015年以降着実に減少している。


東京製鐵は鉄スクラップ価格の改定を発表しました。

 14日からの改定は、以下の通りです。

  【田 原】海上・陸上:全品種 据え置き

  【岡 山】海上・陸上:全品種 500円上げ
  【九 州】海上・陸上:全品種 据え置き
  【宇都宮】陸上:全品種 500円上げ
  【高 松】陸上:全品種 500円上げ

  <H2価格>
  【田 原】海上:29,500(-)
       陸上:29,500(-)
  【岡 山】海上:29,500(+500)
       陸上:29,500(+500)
  【九 州】海上:28,500(-)
       陸上:28,500(-)
  【宇都宮】陸上:27,000(+500)
  【高 松】陸上:28,500(+500)

(IRuniverse.jp)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

中国は香港の一国二制度は完全に無視の体制に入った。

台湾が米国から無人機4機を購入。


バイデンになったら中国との関係修復すると思っている。

でも相変わらずの中国叩きを止める様子はない。

これはアメリカの「国策」でしょう。


ただ、完全にバイデンになった場合は、双方の輸入関税を
個人消費分などは下げるのではと予想している。

また新しいアジアの枠組みができるようですが、中国は参加。

ただしインドは現在入る予定はないらしい。

でも入ることは可能な「枠」として残している。



段々と冬に向かっているのが判ります。


部屋の乾燥が気になるので、「除湿器(可愛いサイズ)」を
昨日購入しました。

コロナ対策は確実に。


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com
posted by スクラップマスター at 08:44| アイアールユニバース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

コロナの感染拡大が続いています。

コロナ.png

これは今日の中日新聞の記事。


日本は過去最多の感染者になっている。

でもアメリカは1日で14万人が感染している。


ヨーロッパは更に悲惨な状況。

観光・サービス・飲食業の人達はたまったものではない。


公務員に対する恨み節まで聞こえてくる。


時代の変わり目は痛みを伴うというが、本当に大変。

隣の国の旅行会社(日本ならHISなど)のNo1、2のお客の
激減率は95%以上とも。

これは無理でしょう。


ファイザーが90%のワクチンを開発して、日本も6000万人分を
予約したそうだ。

するとロシアが「我が国は92%」と、製薬会社の戦争が。


21日の情報交流会は本当に少人数でキチンと行います。

また若年層と年配の方との「重症化」の程度が違いすぎる。

「年寄は早く死ね」と言われている気がする。
(自分も含めて)


昨日は早朝より山梨に「EPG」の改良版を見に行きました。

年配の業界の功労者も見に来て頂きました。

ご苦労様です。


そこで色々な話がでましたが、「ゴミは無くならない」と
いうことです。


また「オーシャン クリーンアップ」という国際NPOが
海洋プラスチックから作った「サングラス」の販売を始めた。


11.png

12.png


これ一つで約2万円。

これを買うことにより、下の写真の量の海洋プラスチックの
処理費を捻出できるそうだ。

とにかくリサイクル・ゴミ処理には費用がかかる。

これをどうするか?が今後の最大の課題。


でもとりあえずは「感染しない」「感染させない」ことを
徹底的にしないといけないですね。

来週もコロナに気を付けながら動きます。


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com


posted by スクラップマスター at 10:40| コロナウイルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする