2020年12月19日

車の完全「EV化」は正しいのか?


17日の豊田章男会長が記者の取材に答えた。

2050年に温室効果ガスの排出を「実質0」にする目標を
打ち出したことに対して。

「自動車業界のビジネスモデルが崩壊してしまう。」と。


日本では火力発電の割合が大きいため、自動車の電動化
だけではCO2排出削減にならない。

EVへのシフトは本当に必要なのか?

山崎明氏はメーカー・ユーザー両方の立場から
4つの疑問を投げかけた。


向こう15年ほどで急速にEVシフトが起き、
EVが自動車の主流になる、というのは疑問を感じる、と。

簡単にまとめてみた。


@CO2対策の切り札なのか?

EVは走行中はCO2を出さないが、重要な事実が抜けている。

リチウムイオンバッテリーを造る際に生じる大量のCO2。

あるサイトがマツダのSKYACTIV-X搭載車と、
テスラ・モデル3との比較を計算した。

すると20万キロくらいを考えると、殆ど差がないという。

バッテリー性能問題と既存システムの進化の可能性。

バッテリー寿命は使い方によって大きく異なる。
※急速充電が多いと寿命は短くなる。

もし10万キロ程度でバッテリー交換となれば、
確実にEVの方がCO2を多く使うことになる。

A電力を賄えるか?

一般家庭の電気消費量は、夏場でも1日15kWh程度。

EVの電費を6.5km/kWhと仮定し、月1000km走るとして
1日当たりの電気消費量は約5kWh。

つまりEVが3台増えると1世帯分の消費電力が増える計算になる。

EV化が一気に進むと電力事情はひっ迫するだろう。

すると結果、火力発電を増やさざると得ない。

※本末転倒になる。

BEVは安くなるのか?

ひとえにリチウムイオンバッテリーが高いから
EVは高い。

EV車のバッテリーだと100kWh、少ないもので40kWh。

パソコンの1000〜2500倍のリチウムイオンバッテリーが
必要になる。

リチウムの他、様々な希少資源が必要。
大量生産が可能だとしても、需要が一気に伸びた場合、
その原料価格は間違いなく上昇するだろう。

※今現在レアアースは急上昇

それを回避するには「ローコスト」の原料で作られる
バッテリーの開発が急務。

C実用性の低さ

現在のEV車は400qほど走行できるが、急速充電を30分したら
走れる距離は100qほどしかならない。

バッテリーが空になった場合は対処のしようがない。

また充電設備を設置できるか?の問題。

マンションなどの場合は設置が不可か、多くのコストが
かかってしまうだろう。

地方の高齢者たちのことは一切考えられていない。

そうなると「ハイブリッド(HV)」とEV車の双方の
性能進化ではないだろうか。

◆中国もEV集中戦略を転換

それに気が付いたのか、中国も今までのEV集中戦略から
HVも重視する方向に転換した。

これにはトヨタがハイブリッド(HV)関連特許を無償で
提供することを決めたことが大きい。

そもそも、日本以外の国がHVに冷淡なのは、トヨタの技術に
まったく追い付けないから。

おそらく欧米も結局はHVを重視せざるを得なくなるだろう。

(PRESIDENT Online)


・・・・・・・・・・・・・・・・

中国は方向転換する可能性は大。
但し欧州は意地でも進めると思う。

EVは「排気ガスを出さない」という事が大事。

それ以前のバッテリー制作時の事は、あまり言わない。


そして小泉環境相は18日の記者会見で
カーボンプライシング(CP)活用を目指すと話した。

「この政策が少しでも前に進むように間口を広げ、
懐深く議論していきたい」と述べた。
(もう少し色々な事を勉強してほいしが・・)

これは「炭素税」やCO2排出枠を取引する
「排出量取引」などがある。

一種の排出権取引である。

排出権取り引きは一時下火になっていたが、
ここにきて再度注目されている。


追記

仮想通貨のビットコインが2万ドルを超えました。
理屈は分かるけど、これほど上下するのは理解不能。

無くしてもいい金がないと参加できない。


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com
posted by スクラップマスター at 10:03| EV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月18日

鉄が動く!


北陸から連絡入りました。

いつもと違う量の雪が降っているそうです。

何かあるといつも電話があったのに、最近なかった。

聞けば忙しくてブログを見ていなかったと。

久しぶりにブログを開いて、そして電話をくれた。

何時での電話やメールはOKになっているので、
30分くらい話した。

話題はやはり「プラゴミ」となります。


さらに夜、東京の社長より電話が入った。

会社で中国情報探っていたら、「鉄くず1/1より解禁」
の情報を得たので、僕に連絡をくれた。


完全に「決定」です。

ただ、品種や、品質などは年末までに決める模様。


いよいよ日本の鉄くずを吸い上げ始めます。

昨日東鐡も価格を上げて、特級が40000円になりました。

まだ上がるでしょうね。


そして鉄の話の後に、中国向け「銅」の話に。

コンテナ不足や品質の事で、銅はそんなに行ってないのでは?
と尋ねてみたら、「3万トンすでに入っている。」と。

だったら順調なのか?と尋ねた。


ところが「実は」と・・・


・・・・・・・・・・・


ここからは「特別レポート」の中に書きます。

特別レポートを受け取る場合は以下の中から選んでください。

コンサルタント条件.pdf

@〜Bを決めたら「〇に参加します」とメールをください。

MAIL minami1959.61@gmail.com

返信メールにて振込先をご連絡します。



寒いのでコロナと風邪に気を付けて。


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com

posted by スクラップマスター at 08:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月17日

アイアールユニバースのバッテリーサミットお知らせ


アイアールユニバースからのお知らせです。



毎年恒例となっている年明けのBattery Summitは
来年2021年も開催する予定でございます。


コロナ感染状況にもよりますが、現在のところ横浜市
開港記念会館にて感染対策を行った上で、LIVE開催および
ストリーミング配信のハイブリット形式で行う予定でございます。

今回も吉野彰先生をメインスピーカーに、日産自動車様、
テスラジャパン様、インテル様、DeNA様をお迎えし、
革新的な技術動向について最新情報を提供いたします。


開催日時】2021年1月29日(金)15時開始予定              

                     

【場 所】横浜市開港記念会館                   

 〒231-0005 神奈川県横浜市中区本町1-6         

       アクセスMAP 



   

【プログラム】
※12月14日更新 講演順・内容は変更の可能性がございます。

 
1.15:00‐15:45 テスラジャパン エナジープロダクト
  カントリーマネージャー 浅倉 眞司氏

「持続可能なエネルギーへ世界の移行を加速する」


*講演のポイント*

 テスラのミッションや取組みについて、エナジー製品
 (蓄電池、太陽光発電システム)を中心に共有させて頂きます。

*プロフィール*
 1981年(株)IHI航空エンジン事業部入社。
 1993年 GE Power Systemsに入社、
 2006年 エナジーアプリケーションエンジニアリング
     ・アジアパシフィックリージョンリーダーとして
      インド・中国を除くアジアパシフィックの国に
     おけるエナジービジネスの営業・技術を統括。
 2011年 GEグローバルリサーチセンター 先端テクノロジー
     ・プロジェクト開発担当マネージャーに就任、
 2012年 グローバルリサーチセンター日本代表に就任し、
     2017年4月に退任。
 2018年5月 Tesla社エナジープロダクツの
      日本カントリーマネジャー就任。



2.15:50-16:20 日産自動車株式会社 
        渉外部担当部長 吉田 誠氏

「異業種連携で目指すカーボンZERO社会」


ー10分休憩ー

3.16:30‐17:00 インテル株式会社 事業開発・
        政策推進ダイレクタ兼チーフサービス
        アーキテクト 野辺 継男氏

 「タイトル調整中」

*プロフィール*

 早稲田大学理工学部卒。NECに入社後、海外でIBM互換の
 PC事業を立ち上げ、1997年国内PC98のAT互換機化を先導後
 パーソナルソフトウエア事業部設立。
 ビデオストリーミング、ビデオオンデマンド、
 テレビ会議システム、地上波及び衛星TV電子番組表等開発。

 2001年ソフトバンク子会社として国内最大級の
 オンラインゲーム会社設立しCEO就任。
  2004年日産自動車に転職し、Vehicle IoT事業本部及び
 シリコンバレーオフィスを設立。  

 2011年、日産EV (LEAF)のIoT構築で、GSMA 2011で
 ” Award for the Best Mobile Innovation for Automotive and Transport”受賞。

 2012年、インテルに転職し自動運転とMaaS等の
 事業開発政策推進に従事。

 2014年以降、名古屋大学未来創造機構客員准教授を
 兼務し自動運転の研究調査開発に従事。

 IEEEやクルマとITに関連する国内外の主要会議で頻繁に講演。
 各種政府委員会の正式メンバー歴任。

 ハーバードビジネススクールMBA Alumni。

4.17:05‐17:35 株式会社ディー・エヌ・エー 
フェロー 二見 徹氏

 「タイトル調整中」

ー10分休憩ー

5.17:45-18:30 旭化成株式会社 
名誉フェロー 吉野 彰氏

 「リチウムイオン電池が拓く未来社会」


 *講演のポイント*

 ・リチウム電池の発明の経緯について

 ・環境・エネルギー問題を解決する一つの提案について


【懇 親 会】コロナ対策のため見送らせていただきますが、

会場は19時30分まで解放しておりますので、
     名刺交換、情報交換の場にご利用ください。


【お申込み】 申し込みフォーム:https://www.iru-miru.com/inquiry.php



  ※フォームのお問い合わせ内容に
   「BatterySummit2021 参加希望」とご記入の上、
   送信ください。

  お振込み先をご案内致します。

  お申込み後、2〜3日経っても返信がない場合は、
  お知らせください。(土日除)



【参 加 費】 ※税込価格

       MIRU会員  10,000円 /人
       非 会 員  15,000円 /人
学   生 2,000円 /人


※1 MIRU会員割引は、会員様と同一事業所内に限り
 適用させていただきます。

※2 銀行振込のみの取り扱いとさせていただきます。


【窓 口】 IRuniverse(株)/IRRSG事務局

      TEL:03-5847-6015

尚、感染状況によっては、イベントの中止、会期の変更、
 企画や講演の一部中止などの

可能性がございますことをご了承ください。


※スポンサー募集中

会場でのパネル展示、配布用資料への広告協賛、また
ストリ―ミング配信時の広告協賛を募集しております。

ご希望される際は窓口までご連絡ください。
別途詳細をご案内致します。

応募締切:1月20日(水)


(IRRSG事務局)


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com

posted by スクラップマスター at 10:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大雪です。

(今日の道路状況)

スクリーンショット 2020-12-17 095929.png


今回の雪の状況を見て昔を思い出した。


関東一円の高速道路が雪で封鎖された時(5〜6年前?)

友人社長の車で宮城県の航空自衛隊松島基地に行ってた。


天気予報で「大雪になる」としきりに言っている。

心配だけど「夜までもつのでは?」と話をしていた。


宮城を出る時はそんなに降っていなかった。

ところが中央道が封鎖などの情報が入り始めたのだ。


首都高に入れば東名で帰れるのでは?と甘く考えていた。

ところが「御殿場」で、スタッドレスタイヤではない車の
大渋滞がおき、雪は降り続きそのまま封鎖。

道路情報を見ながら行ったが、状況は悪くなる一方。

雪は降り続いている。


宇都宮の手前の「矢板北PA」が見えたので、とりあえず
緊急避難的にそこに入った。

このまま進んで、思ったよりも「雪害」が酷ければ
それこそトイレにも困ってしまう。


幸いにもトイレも、食堂も開いていて中は暖かい。

そこで他のドライバー達と一緒に道路状況を見ていた。


蜘蛛の巣のような「高速道路網」がみるみる「閉鎖」
されていく。

あっという間に「関東全滅」になり、山間部を通る
高速道路もほとんどが「通行不能」になった。


さあ腹をくくらないといけない。

飯とトイレは何とかなるが、車で寝ないといけない。

出がけにガソリンは満タンにしてあったのが救い。


男2人でシートを倒し、ヒーターをたいて何とか
翌日を迎えた。

売店の従業員たちも帰れなくて、そのまま仕事をしていた。

だから暖かい食事にもありつけたので、まだ運が良いほう。


PAに止めてある車は10台ほど。

皆が食堂で座ってテレビニュースにくぎ付け。


どうやら今日中に「不通」が解消される見込みはなかった。

仕方なくその日も男2人で車で寝た。


友人が「何であなたと2日も車で過ごさにゃいかんだ」と
怒っているが、笑う以外にできる事は無い。

寒さを堪えながらその日も車で仮眠をとった。


翌日(3日目)朝の10時ころに除雪用のペイローダーが
PAにやってきた。

道路上も同じだが、駐車場も30pほど積もっており、
車の周りの雪を自力でどかさないと、道路に出れない。

しばらくテレビニュースを見ていると、「東名解除」
「首都高昼頃解除予定」など嬉しい情報が入りだす。


結局東北道が通行可能になったのは、午後2時過ぎ。

当然のように首都高は大渋滞。

でも渋滞でも車が進むのが嬉しい。


夕方何とか東名に入れて、7時ごろには静岡に到着。


もしPAに止まらずに走っていたら、と思うとゾッとする。

あの後車には非常用の「水」「食料」などを常備して
おかないといけないとマズいと思った。

でも愛知県に帰ってくると「雪凄かったの?」を言う。

僕らの地域は1年を通して、殆ど雪が降ることはない。


雪をあまりなめてはいけない。

スタッドレスタイヤを履いていても、前に行く車が
通常タイヤで止まったら、結局同じだから。


車の中で2日も過ごすことの無いように、
「雪情報」には気を付けてください。


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com



posted by スクラップマスター at 10:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月16日

1000記事になりました。


初めて「スクラップマスター」のブログをアメブロ書いた。

もう6年くらい経ったのだろうか、100記事を超えたあたりで
広告を非表示にできる「シーサーブログ」に変えた。


その前にアメブロで書いた記事が10くらいあった。

それは捨てて「スクラップマスター」のブログに変えた。

今日の記事がシーサーブログでちょうど890記事。


つまり最初の10記事、アメブロでの100記事と合わせると
大体1000記事を書いた計算になる。


そして、リサイクルや原料の世界に入って30年が経った。

その間に「バブル崩壊」「鉄くず売れない」「鉄くず輸出」
「中国輸出」「雑品天国」「廃プラも売れる」
「リーマンショック」などの事柄も最前線で経験してきた。

中国に関しては「中国輸出」を始めたときに、知り合い社長から
「南君、この中国はいつまで続くと思う?」と聞かれた。

「僕は最低20年続くと思う。」と答えた。

大体合っていたね。自分でビックリ。


その後色々あって、ブログを始めた。

その間に色々な方と出会ったり、メールや電話で
連絡を取ったりしました。

最初は読者が数人でしたが、リサイクルの業界に入った
若い人向けに書いていた。

割と閉鎖的な社会なので、若い人が少しでも勉強になれば
よいという思いと、これを足掛かりに商売に繋げたいと
いう思いで。

中国の変わっていく様子や情報を流していたおかげで
業界の中では知られる存在になったようです。

リチャージの細谷氏、アイアールユニバースの棚町社長と
出会ったのも幸いでした。

プラスチックの師匠との出会いも。


基本的に「外に出る」のが大好き。

人に会って「話をする」のが楽しい。

逆に一か所に閉じ込められて、外にでれないと
発狂するくらい「内勤」は苦手。

基本的に狩猟民族だと思っています。


このような状況でブログの読者からのお付き合いも
拡がり、ブログには書いてないが「コンサル」や
商売をしていたりもしています。

沖縄の「僕がファン第一号」と言ってくれている友人が、
「ブログの記事は有料の方が良いのでは?」と言ってくれた。

でも「ブログは無料」の方が良いという社長もいる。


今は「ブログは基本無料」で良いと思っている。


でもこのブログでの890記事。

1記事1時間として890時間。

今計算したら、「丸37日分の時間」をかけていた。


でもコロナの影響で世の中の仕組みが変わり始めました。


今年3月以降、コロナの影響が長引いている。


逆にこの変革の時期だからあえてやろうと思った。



以下の内容で「コンサル・よろず相談」をやろうと。


今まで出会った方は、僕の顔を見るなりすぐに打ち解けます。

それはずっと僕のブログを読んでいて、顔だけ見ていない。


でも会うと、僕のブログを読んでいるので、
「初めて会った感じはしない」と言ってくれます。

ブログで僕を知っているからでしょう。


営業で豊橋から東京まで行って、1泊して食事も一緒に
したら4〜5万円位します。

僕もどうしても聞きたい講演があると行きますが、
どんなに節約しても2〜3万円はかかる。

それで色々な話ができるわけではない。

そしてこのコロナ。

実際に「ZOOM」やメール、電話で済むことが多い。


だったら僕も「スクラップマスター南」として
遠隔で出来ることは沢山あると考えた。


但し、ブログは相変わらず「無料」ですが、元来情報は
お金がかかるものです。


そこでわざわざ会う必要をなくして、格安で僕と連絡をとれる
方法を考えました。


以下がその内容です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コンサルタント(よろず相談) 


@ひと月1000円で毎月特別レポートを2通、受け取れる。

PDFでメールに添付 6か月分一括払い 6000円

1年分一括払い 10000円



A毎月1万円 3か月単位 一括払い30000円

1年間まとめて一括払い 10万円

毎月2回ほど電話、スカイプ、ZOOMにて相談受けます。

メール相談は随時受け付けます。

(1回1時間ほど)特別レポート付き



B毎月3万円 3か月単位 一括払い90000円

1年間まとめて一括払い 30万円

いつでも電話、メール、スカイプやZOOMにて相談できます。

(連絡時間等は相談)※毎月スペシャルレポート付き



@の場合、会って相談する場合は「交通費等実費」の他、
1日3万円を別途請求させて頂きます。


A、Bについて、会って相談等の場合も「交通費等」は

別途請求致します。名古屋から浜松のエリアは無料。


以上ですが、実際の活動は来年の1月からです。


でも今年12月25日までに@〜Bの申し込みをして頂いた方
には「半額」にて対応させて頂きます。
(※入金は年内)


ブログを読んでいて頂いた方は知っていますが、
「ブログでは書けない」情報もお知らせします。


下のメルアドに@〜B番のどれを希望と送ってください。

そのメールに振込先口座の案内をつけてご連絡します。


振り込んだ後に、「振込名義人」を書いてメールください。

確認でき次第に、こちらから改めてご連絡します。


※なお今回参加して頂いた方だけに、僕が今持っている
 情報から「来年の予測」特別レポートを送ります。


こちらのメルアドから「〇番、参加します」と送ってください。


メルアド

minami1959.61@gmail.com



情報は大事です。

来年を面白くしていくのも自分、まいったなーと言うのも
自分です。

決して高くない「情報源」を持ってください。


ではでは・・・


スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com











posted by スクラップマスター at 17:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする