2021年03月31日

「EPG」見学会のお知らせ

20512.jpg

「EPG(有機物熱分解ガス化熱エネルギー装置)」
4月の見学会開催のお知らせ。



日時:4月8日(木)PM1時より

場所:山梨県忍野村

現在数社の見学予約が入っておりますが、
興味ある方は見学できます。

奮ってご参加ください。


「見学希望」とメールをお願いします。

詳しい住所等をご連絡します。


ではよろしくお願いします。


スクラップマスター南

yukimm425@gmailcom
posted by スクラップマスター at 10:42| EPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日は2人連れて、2件訪問しました。


最近中華系が新たなヤードを構えることが増えている。

そしてパキスタンやベトナムの人達も増えていると。


これは金属価格の上昇がもたらしている効果です。


ただ、これにより既存の会社が打撃を受けているのも事実。


今回の2人はマレーシアに「雑品」を送りたい。

知識が無いので手伝って欲しいと。


古くからの友人達なので全力でお手伝いしますが、
何せ経験もなく、設備もこれからの状況。

ゆっくりやるしかないでしょう。


先日受けた相談も「生き残り」をかけた相談。

とにかく「ステージ」を変える、立場を上げる。

自分達の立ち位置を今より上にする。

また現在人任せにしている物を、自分達でやる。
(これは知識と技術、販売ネットワークが必要)


例えば「アルミ屑」を集めても、高く売ることができない。

高く売ることが出来ないので、仕入れ競争に参加できない。

等々、色々な事が連鎖的に起こっている。


だとしたら、「アルミのプロ」になるくらいの意地や気概が
必要になります。

当然勉強して、まず知識を得る。

次に「サンプル」を身近において、常に「見る」ことも大事。

「知る」から「身に付く」までに昇華させないとダメ。

あとは品種ごとの流通を知ることです。


とにかく高く売るには、それなりの準備が必要。

焦る必要はないが、続けることが一番大事。


・・・・・・・・

また「EPG」による、「タイヤ」処理の問い合わせがある。

現状では「一気に」「大量に」は難しいが、
ついでついでなら、充分に対応できる。

その作業風景と残ったワイヤーの写真がこちら。


20511.jpg

20512.jpg

20516.jpg


タイヤの処理は「熱エネルギー」か「マテリアルリサイクル」
の方法になります。

アメリカでは「アスファルト」に混ぜて使っているそうです。


さらに4月にまた「EPG」の実証を行います。

前回参加できなかった方、大体の都合の良い日を2〜3日
選んで教えて頂ければ、なるべく調整します。

でなければ、こちらで日程を決めます。

早めにご連絡下さい。


現在2社から見学依頼があります。
「今回見てみたい」方はメールにて「見学希望」と
ご連絡下さい。

改めて日程等をご連絡します。


・・・・・・・・・・・

あと、このような法律がやっと出来る方向。

ただ、公明党・立憲民主党が難色を示している。

与党は「まだ甘い」と言ってますが。

1.png

2.png

3.png

4.png


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com


posted by スクラップマスター at 08:03| EPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

パソコンの調子が戻ったので、最近思ったことを。


★厚生省の職員23名が、飲食店への時短要請中にもかかわらず
銀座で0時頃まで歓送迎会を開いていた。

・時短要請に反対する店舗には「制裁」を加えると言って、
 自ら「禁」を破ってくれた。
 これで時短を無視した店舗に対してどう言い訳するのか?
 それも0時までやる店を探していたのだから、笑える。



★公明党・山口代表
世界が中国のウイグル批判をこれだけしているのに、
「積極的な対話を日本こそ主導すべきではないか」と。

・頭の中がお花畑になっているのか、それとも
 中国がそんなに好きなのか?と思ってしまう。



★WHO 
コロナはコウモリから別の動物介して人に感染か・・

・WHOは完全に中国に抱きかかえられている。
 もはや何を言っても「WHO」から正しい答えは
 期待できない。
 WHOの意味を考え直した方が良いのでは・・



★水素と化石燃料の発熱量比較

スクリーンショット 2021-03-30 172401.png



★競馬界だけでなく「競艇界」でも持続化給付金を受給した
選手が211人いました。

・皆さんお金は欲しいけど、これほど大量の人達が関わると、
 必ず「指南役」が存在しています。
 でも誰も言わなかった。
 正規の手続きを踏んでいれば問題ないが、そもそもなぜ
 今頃になって発表したのか?どう思います。



★アメリカはミャンマーとの通商・投資枠組み合意を停止。
民主政権復活まで。

・ミャンマーの拘束されたアウンサン・スーチーさんの
 父親が、ミャンマーの軍隊創設の父である。
 今回は軍事政権が、自分達の思ったように進まないことで
 また軍事政権を復活させた。
 これで当分の間、民主化は消え失せるだろう。



★日本製紙がトイレットペーパーを通常の1.5倍〜3倍に。
長尺ロール化で包装や芯のゴミをを減らし、環境負荷と
物流コストの抑制につなげる。

・だいぶ前から中国辺りの空港や公共トイレでは、直径が
 50cmくらいあるバカでかいトイレットペーパーがあった。
 もっと早くから対応しても良かったのでは。



★日清食品はカップヌードルの残ったスープの捨て場所に
困った時に役立つ「固めるパウダー」を小林製薬と共同開発。
固めたスープは「燃えるゴミ」として捨てられる。

スクリーンショット 2021-03-30 174057.png

・これは基本的に「オムツ」と同じ考え。
 これだけの「水分」を蓄えたゴミが簡単に燃えるわけない。
 これを画期的と思うのは間違いです。
 一般ごみと処理するならば、脱水分が基本です。
 でないと、重油などを更に使って「焼却」しないといけない。



★中国新疆ウイグル自治区政府の報道官は、新疆の人権侵害を
めぐり対中国制裁の動きが広がっていることについて
「中国はもはや(アヘン戦争が始まった)1840年の中国では
ない。西洋列強になすがままに侵略された時代は戻らない」
と反発した。

・当然中国はイギリスなどに恨みを抱いている。
 コロナの拡大によって、かってのグローバルな世界は
 遠のいて、ナショナリズムが台頭する世界になった。



★政府は新規の石炭火力発電所の輸出案件について、
全面的に支援を停止する検討に入った。
バイデン大統領との4月の気候変動サミットで表明予定。

・二酸化炭素の排出削減・SDGsの啓蒙活動がこれほどの
 勢いで広がるとは、予想できなかった。

 世界情勢とは別に「SDGs」の流れはさらに加速すると
 思われる。
 自社には関係ないと思っていると、ある時に慌てます。
 しっかり理解しておきましょう。



ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com
 

posted by スクラップマスター at 17:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焦ったぜ!


最近パソコンがやたら遅くなっていた。

そして昨日の朝、ついに開けないドキュメントが出た。

ブログは何とか書けたが、資料が開かない。


焦って、修理屋を調べたが、割と修理代が高い。

そもそも、本当に壊れたのかも判らない。


だから車で2時間ほどの友人(パソコンで食っている)に
連絡を取り、ノートパソコンを持ち込んだ。


状況を見て、記憶領域を調べて「最適化」をポチっと。

すると「最適化」が始まった。
2か所最適化して、かかった時間は約30分ほど。

多分これで大丈夫だと思うと言われた。


実際に帰ってからパソコン開くと、早い早い。

皆さんもパソコン遅いなと感じたら「記憶領域」の
最適化をたまに行ってください。


・・・・・・・・

スクリーンショット 2021-03-30 074114.png

スエズ運河で座礁していたコンテナ船が、何とかなりました。

しばらくは影響が続くと思うが、世界の貨物の12%が通る。

月に53隻が通るとなると、影響が大きい。

上の図は、世界の海上交通の要所である。


結構あるなと感じた。

・・・・・・・・・・・

スクリーンショット 2021-03-30 073921.png

政府のレアメタルリサイクルハブ構想がこちら。

これを見たときに、どこが中心になってやるのだろうと
思っていたら、すぐに記事が出てきた。

それも投資の記事(トレーダーズ・ウエブ)から。


住友金属鉱山が大幅高。

記事中では同社の他、三菱マテリアルがレアメタルの
回収・再利用を事業化できるように後押しする。

さらに関連事業を手掛けるアサカ理研、
エンビプロ・ホールディングスも高い。


まあ当然と言えば当然でしょうか。



パソコンの杞憂が消えただけで、心が軽くなった気がする。

使い終わったら「シャットダウン」した方が良いと言われた。

これからはキチンとシャットダウンします。


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com


posted by スクラップマスター at 08:04| レアメタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

まるで「赤壁」のよう

スクリーンショット 2021-03-29 085156.png

魏の曹操と呉の孫権の有名な戦い。

三国志に残る戦いだが、船を「連環の計」によって
繋ぎ、周瑜・孔明による「火計」により曹操が破れた。

そんな事を思わせる中国の南シナ海に対する船団。


バイデン政権は「一帯一路」に対向する民主政権による
同様なことを考えていると。


コロナ禍がアメリカ・ブラジル・EU各国が猛威を振るう中、
「対中国包囲網」が進んでいる。


またウイグル批判に対して「華春瑩」は、アメリカの
「奴隷」を持ち出して反撃。

「ウイグル人の労働環境はアメリカの奴隷よりましと、
歴史問題とのすりかえが始まった?」


このような記事も出てきた。

これはウイグル人問題を認めたことになるのでは。


トランプよりもバイデンの方が、「対中国」に対して
強行だとはちょっと意外ですが、これも事実である。


・・・・・・・・・・・・・・

またEUより出てきた「EV化」の流れ。

これに対して非常に面白い記事を見つけました。

(一部抜粋)

現在欧州各国政府は「地球環境の改善は待ったなし」
と口を揃えて言う。
そして2030年から40年あたりにかけて、ガソリンエンジン
廃止を目標に据えている。
揚げ句に日本に対しては、不名誉にも「化石賞」
などという当てこすりをする始末である。

しかしながら、こんな風に感じている読者の方は多いのではないか。

「環境と言えば、米国のマスキー法とか、それに対応した
ホンダのCVCCとかで、ずいぶん昔から日本メーカーは
大気汚染問題に取り組んできたはずじゃないのか、
いつのまにこんな上から目線で欧州に叱られるようになっちまったんだ?」

これはその通りで、日米は1970年代から、大気汚染問題に
積極的に向き合ってきた。
日本の例を挙げれば、昭和51、53年(1976、78年)から、
厳しい排ガス規制を国内に課してきたのだ。

そうやって40年も前から日本が取り組んできた課題に、
欧州は2000年代になって気がついた。
 ……信じられないって?
 この話が理解しにくいのは、自動車の「排気ガス(排ガス)」
にまつわる問題が大別して2種類あるからだ。

続く・・


全文こちら


やはり「EU(欧州)」は中々の策士です。


昨夜の嵐で満開の桜が散り、道がピンクの絨毯を
敷き詰めたようになっています。

それでも季節は巡る有難さ。


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com






posted by スクラップマスター at 09:23| 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする