2020年06月01日

トランプはひょっとしたら負ける?


アメリカは11月に大統領選挙を控えている。

トランプの対抗は「バイデン氏」に決まった。

ところがここにきて、トランプの旗色が悪い。

10%ほど、バイデン氏の方が支持率がいい。


それは、コロナウィルスが世界一の感染者数になったこと。

20%近くに上がる失業率。

また「#BlackLivesMatter」という抗議運動が原因。
(黒人の命だって大切だ)

5月25日にミネソタ州ミネアポリスで黒人男性の
ジョージ・フロイドさんが警察官に首を押さえつけられて
亡くなった事件が発端。


そしてコロナウィルスによって抑圧されていた人々や、
失業した人達の不満が爆発して暴動になった。

放火や略奪が起こったために、トランプもツイッターで
「略奪が始まれば銃撃する」とドゥテルテ大統領みたいな
投稿をした。

こんどはそれがTwitter社の「暴力の賛美を禁じたルール」に
違反していると、警告が表示された。

さらに取材していた「CNN」の黒人レポーターが逮捕されたが、
他の白人レポーターは逮捕されなかったのも問題になった。

多くの著名人や芸能人がトランプを非難している。

そしてトランプは「この原因はすべて中国にある」としている。


だからトランプの「対中国」に対しての動きは加速する。

「香港の一国二制度」「台湾」「ウイグル人権問題」。

香港の優遇政策をなくし、WHOへのけん制等、何でもやる。


6月から10月までトランプは必死にやってくる。

武力衝突が起こる可能性も否定できない。


その時、日本はどうするのだろうか?


ではでは・・・


スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com
posted by スクラップマスター at 09:13| アメリカ対中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする