2020年10月03日

トランプは身をもってコロナを体験する。


アメリカ大統領選挙の行方が分からなくなってきた。

あと1か月の時点での「トランプ感染」。


中国共産党は大喜びだろう。


イギリスジョンソン首相も、感染から生還している。


トランプ大統領の症状がどうなるか?で一気に変わる。


中国共産党系の国際紙「環球時報」の編集長は、
ツイッターに「トランプ大統領夫妻は新型コロナを
軽視するギャンブルの代償を払った。」と投稿。

とにかく注目のアメリカ大統領選挙の行方。

・・・・・・・・・・・・・・

ナゲット加工している社長から、「売れない」という嘆き。

昨年来からの「銅ナゲット」使用量の大幅な減少。

それから使用量は戻っていないそうです。


それにも理由があるそうで、「銅ナゲット」の使用品目の
実際の減少。

さらに昨年来の「皆が銅ナゲット加工」をしたときに、
メーカーが大量の不良品をつかまされた。

実はこれも「原因の1つ」と言われている。

だから新たに「銅ナゲット加工」に参入した人達は、
メーカーに信用されていない事の証明。


また中国に向かうであろう「銅」の品種。

@ピカ線(特号)
A上銅
B赤ナゲット

銅分98%以上となると、この3種類くらいしかない。

でもそれと「満足な価格」とは全く違う話である。

そのうち「チャレンジャー」が現れて、実績がでてくる。

ただ「罰金」の金額が大きいですね。

さらに言うと、中国本土での「独自検査」が怖い。

キチンとした説明なしで「ダメ、罰金」と言われる可能性は
否定できない。

・・・・・・・・・・・・・

中国は「国慶節」の大型連休に突入した。

テレビで6億人が動いているという。

確かに半分以上がマスクをしているのが確認できる。

が、コロナは「春節」から始まっている。


中国は「コロナ」を封じ込めた、と宣言しているが
どうしても信じることができない。

今月の中旬には、また中国で拡大すると思う。

但し、決して公表はしないだろうが。


今日も打ち合わせに出かけることができる。

月曜日も八王子でインド人と打ち合わせ。


今は打ち合わせできるだけで感謝ですね。

コロナに気を付けて、出かけよう。


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com

posted by スクラップマスター at 08:03| アメリカ対中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする