2020年11月14日

銅と鉄

アイアールユニバースの記事より

中国の銅地金輸入は今年、かつてないほど伸びている。
その動機として輸入規制による銅スクラップの減少も
一因だが純粋な銅需要の増加もあり、またLME→SHFEへの
アービトラージの買いによる投機的な輸入増も挙げられる。

中国の10月の電気銅(未加工銅、以下同)輸入量は618,000トン。
1〜10月の累計輸入量は5,600,000トンで、残り2か月を残し
ながらもすでに過去最高の電気銅輸入量を記録している。


スクラップの輸入は、中国の銅純度の基準値(Cu98〜99%以上)
が高く、新しい高品質のリサイクル可能な材料の割り当て
システムの実装が遅れているため、輸入は低調に推移している。
1月から9月の銅スクラップ輸入量は前年比47%減少しており、
結果、中国の銅加工メーカーは地金の輸入を増やすこととなった。

さらに中国での銅備蓄の噂も輸入増に拍車をかけている。


中国のアルミニウム地金輸入も増えている。
特にアルミ合金は歴史的な増加を記録。

この国は世界最大の生産国であり、貿易の流れは歴史的に
半製品の形での輸出に大きく傾いていたのだが、今年6月以降、
一次アルミニウムと合金アルミニウムの輸入が急増。
中国は2009年以来初めて7月から8月にかけてあらゆる形態の
金属の純輸入国に転向したが、9月には輸入洪水が減少する
兆しを見せた。

合金の需要の増加は中国のスクラップ輸入量の減少による
ものであり、アルミニウムスクラップの輸入量は2020年に
これまでのところ49%減少しています。

銅とアルミ以外では輸入は増えていない。

前回の危機(リーマンショック)のとき、中国は大量の
精製亜鉛と鉛を引き上げました。

精製亜鉛の輸入量は、2008年の183,000トンから2009年には
670,000トンに急増し、2017年までこの記録は更新されなかった。

精製鉛の輸入は2009年に31,000トンから157,000トンに急増
しましたが、これは依然として年間の最高輸入レベルとなっている。


しかし今回は、同様の輸入意欲の兆しは見られません。
年初来の亜鉛輸入量は昨年比25%減の358,000トンで、
鉛の合計はわずか21,000トンで、2019年比76%減です。


中国の精製ニッケル輸入量は、2020年9月までで合計98,000トン
に過ぎず、前年比40%減少し、2008年以来の最低水準となっています。

中国の輸入ニーズは、ステンレス鋼の生産能力の増強を
反映して、過去10年間で劇的に変化しました。
ステンレスミルは、精製金属ではなく、ニッケルピッグアイアン
(NPI)またはフェロニッケル、スクラップを使用するようになっている。


国の貿易はフィリピンからのニッケル鉱石の輸入によって
支配されるようになりました。インドネシアからはNPI。

精製ニッケルの輸入は2015年以降着実に減少している。


東京製鐵は鉄スクラップ価格の改定を発表しました。

 14日からの改定は、以下の通りです。

  【田 原】海上・陸上:全品種 据え置き

  【岡 山】海上・陸上:全品種 500円上げ
  【九 州】海上・陸上:全品種 据え置き
  【宇都宮】陸上:全品種 500円上げ
  【高 松】陸上:全品種 500円上げ

  <H2価格>
  【田 原】海上:29,500(-)
       陸上:29,500(-)
  【岡 山】海上:29,500(+500)
       陸上:29,500(+500)
  【九 州】海上:28,500(-)
       陸上:28,500(-)
  【宇都宮】陸上:27,000(+500)
  【高 松】陸上:28,500(+500)

(IRuniverse.jp)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

中国は香港の一国二制度は完全に無視の体制に入った。

台湾が米国から無人機4機を購入。


バイデンになったら中国との関係修復すると思っている。

でも相変わらずの中国叩きを止める様子はない。

これはアメリカの「国策」でしょう。


ただ、完全にバイデンになった場合は、双方の輸入関税を
個人消費分などは下げるのではと予想している。

また新しいアジアの枠組みができるようですが、中国は参加。

ただしインドは現在入る予定はないらしい。

でも入ることは可能な「枠」として残している。



段々と冬に向かっているのが判ります。


部屋の乾燥が気になるので、「除湿器(可愛いサイズ)」を
昨日購入しました。

コロナ対策は確実に。


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com
posted by スクラップマスター at 08:44| アイアールユニバース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする