2021年06月27日

太陽光ソーラーパネルについて

photovoltaic-system-2742302__340.jpg


ソーラーパネルです。

設置業者は不動産屋と同じで常に
「今がチャンスです」という。

日本中、世界中にバンバン設置されています。

皆さんも車や電車で山の中を通る時に、
こんな場所にもソーラーパネルがあると
驚いたことはあるでしょう。


昨日「パネル処理」の件で相談がありました。

かねてより「中古品輸出」に関しては、相手もいるので
問題はない?のですが、今回は「処分」です。

調べてみると1枚当たりの処分費は1200円くらい。

静岡県だとキロ60円〜30円(架台付き)と幅がありますが、
すべて「処分」されております。

取れるものを取った後は「埋め立て」です。


以前「ソーラーパネルリサイクル始めました」と大きく
謳った会社もあったので、そこはどうしているか聞いた。

すると、今リサイクル出来ている会社は存在しない、と。

現在のパネルは全て海外製。

そのほとんどが中国製です。

日本は10年ほど前に、最後の1社が撤退した。


その間にも「価格の下落」、過当競争が起きていた。


さて、この「パネル」はどこまでやれば「リサイクル」?

例えば付属の電子機器やケーブルは問題ない。

パネル周りのアルミなどもリサイクルに回せる。

そして表面のガラスも全て取ったとしよう。

残るのはシリコン結晶の載っている板だけです。


全体の重量の50%が残ったので、それは「埋め立て」。

これはリサイクルにならないの?


というのは「雑線」等の国内リサイクル。

VA線なら銅分42%くらい。

つまり銅を回収した後、残り58%のPVCなどを「埋め立て」。

これは何故か立派なリサイクルと言われている。

「産業廃棄物」だから?

でもリサイクルというのは、有価物、廃棄物は関係ないと
思います。


明日八王子で打ち合わせするので、その時にも確認します。

でもそこら中に「ソーラーパネル」設置すれば、
日本は素晴らしい国になると能天気な環境大臣は要りません。


そしてそのソーラーパネルに関して更なる「米中の争い」が。

その記事はこちらのリンクからどうぞ。

米中、新たな火種に「太陽光」 ウイグル強制労働(時事通信) https://news.yahoo.co.jp/articles/c67756bfe916d646757927f54c12aa3130bf0774

ではでは・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com

posted by スクラップマスター at 09:32| ソーラーパネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする