2021年09月21日

ソーラーパネル処理物の分析を


100金ショップでアイテムをそろえた。

プラのトレーと、隙間2o以下の鉄のザル。


以前大体ガラスを取ったものを処理した。

そして最近「ガラス全部付き」もEPGでやってみた。

ガラスは重いというのが身に沁みました。

そして「シリコン」も大きく残ってしまうという事も
分かりました。

この休みにやってみました。

まずこちら。

少しガラスが残っていたものをEPGにて処理。

5.png

6.png

800gが292gに減少。

4.png

これを2o以下の篩にかけて分けてみました。

@銅 35g(12%)

3.png

Aガラス 163g(55.8%)

2.png

B「残渣」94g (32.2%)(貴金属混じり)

1.png


別に行ったガラス付き約13sは別で話します。


今回調べて分かったのは「敵はガラス」です。


どなたか「ホットナイフ」「ガラス除去機」の情報あれば
教えてください。


さてBの残渣の検査はどこでやろうかな?


※細かなガラスは危険です。
知らないうちに飛び散り、足の裏や指に刺さります。
出来れば部屋でやらない方がいい。


ではでは・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com

posted by スクラップマスター at 08:37| ソーラーパネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする