2022年02月21日

中国の7羽の黒鳥


こんにちは。

今日は中国の7羽の黒鳥(ブラックスワン)です。
(MOTOYAMA動画より)


スワンは白鳥です。

その名の通り「白いスワン」です。

スワンは「白」しかいないと長い間信じられていた。
というより、疑わなかった。

※金融・証券用語では「ブラックスワン理論」という。
全く予想外の出来事が発生すると、確率論や経験、
常識が通用しないため、社会や市場に極めて大きな
衝撃を与えるとする理論。
オーストラリアで黒い白鳥(ブラックスワン)が発見され、
それまでの「白鳥は白いものしかいない」という常識を
打ち破った出来事が由来となっています。
デリバティブ・トレーダーの経験がある米国の認識論研究者、
ナシーム・ニコラス・タレブ氏が提唱しました。


そのような恐ろしい「ブラックスワン」が7羽も
中国にいるという。

1羽目は「不動産」。

正月1/31〜2/6の間の不動産取引、深圳では0だった。
上海はそれでも500件ほどあった。
不動産の取引量も価格も全部下がっている。
不動産神話の崩壊。


2羽目は「地方政府の債務」。

昨年末の中国政府の発表では、債務は30.3兆元、550兆円弱。
ゴールドマンサックスの調査では、53兆元、960兆円だと。
政府もファンドも隠蔽している。
多分1800兆円に達するのでは。

地方政府の税収の黒字は「上海」だけ。
他の31個の省および自治体はすべて赤字。
中国の2/3の都市は実は破綻している。

3羽目は社会福祉・老後年金と医療保険

4羽目は人民の高齢化と少子化

5羽目は仕事・会社の問題

6羽目は食料の問題

7羽目は大学生の就職問題


結構長いので気になる方はこちらから動画を見てください。

ブラックスワン.png


ブラックスワン1

ブラックスワン2


なるほどと思いますよ。


IMG_5374.JPG


ではでは・・



スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com


posted by スクラップマスター at 09:48| 中国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする