2024年04月15日

大阪万博が酷い有様


こんにちは。

体のあちこちが痛んでおり少しのんびりしていました。

いやあ色々な事が起こっていますね。


まずは「大阪万博」。

・大阪万博、あと1年なのにチケット販売6%、海外パビリオンは建設者決まらず
…吉村知事「やりきります」強弁に高まる不安
(FLASH)

 前売り入場券は、2023年11月末、開幕500日前に合わせて販売開始。
だが、万博協会が12日に公表したところでは、10日時点の販売枚数はおよそ130万枚。
企業購入分700万枚はめどがついたとしているが、これを除けば、販売目標2300万枚の6%以下となっている。

「無理もありません。万博の会場整備費は誘致当時の1250億円から2度上振れし、当初比1.9倍となる2350億円に高騰。万博の運営費も809億円と見積もっていたものの、1.4倍となる1160億円に上昇。能登半島地震もあり、万博開催に批判的な声が多くあがっています。

 さらに、朝日新聞が4月13日に報じたところでは、参加国・地域が独自に設計・建設する『タイプA』パビリオンが当初予定していた56施設から、48施設に減少。
そのうえ16施設の建設事業者がいまだに決まっていません。

 万博の “華” となるはずの海外パビリオンの姿が見えないようでは、入場券の売り上げが伸びないのも当然といえるでしょう」(政治担当記者)


・「万博の華」のパビリオン、20か国減の40か国程度の見通し
…返上の予定地は「芝生の広場」に
(読売新聞)

2025年大阪・関西万博で海外パビリオンの建設が遅れている問題を巡り、参加国が自前で建設する「タイプA」のパビリオン数が当初想定していた60か国から40か国程度に減る見通しであることがわかった。
政府は、自前での工事のメドが立たない参加国に対し、複数の国・地域が共同利用する「タイプC」などへの移行を働きかける方針だ。

〜〜〜〜

政府と万博協会は、すでにタイプAでの参加が見込めない国をリストアップしている。
万博開幕まで13日で1年となる中、タイプCのほかタイプXへの移行も促す。

夏に着工のメドが立たない場合は、パビリオンの建設予定地の返上を求める。
参加国の国内事情も絡むため、丁寧に合意を取りつける考えだ。跡地は芝生の広場として活用することを検討する。

※もう意地ですね。


・・・・・・・・・・・・

イスラエルのイラン大使館攻撃に対して

・イラン、イスラエルへの報復攻撃完了を宣言「成功した」「限定的な作戦だった」

【テヘラン=吉形祐司】イランの精鋭軍事組織「革命防衛隊」のホセイン・サラミ司令官と国軍のモハンマド・バゲリ参謀総長は14日、国営テレビに対し、イスラエルに対する報復攻撃が完了したことを明らかにした。
両氏ともに作戦が「成功した」と評価し、イスラエルが反撃すれば、より厳しい措置で対抗すると強調した。

※イランが本気でイスラエルを攻撃しだすとなると
中東戦争からWWVに発展する可能性が高い。
あとはアメリカの出方次第。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・4月から大手電力会社がまた値上げします!【電気代高騰】


・太陽光発電施設の『蓄電池』が爆発・炎上しました。【訂正・追加版】


・地震大国・日本、各地に点在するM8級警戒「活断層」リスト 大都市圏「隠れ断層」リスクも 想像力発揮し、リスクに備えを
(夕刊フジ)

jisin.png

M7.5以上の地震活動が予想される内陸の活断層

番号 起震断層 規模(M)

❶ サロベツ断層帯 M7.6程度

❷ 糸魚川―静岡構造線断層帯 (北部)M7.7程度(中北部)M7.6程度

❸ 境峠・神谷断層帯 M7.6程度

❹ 富士川河口断層帯 M8.0程度

❺ 上町断層帯 M7.5程度

❻ 弥栄断層 M7.7程度

❼ 菊川断層帯 (中部)M7.6程度

❽ 中央構造線断層帯 (石鎚山脈北縁西部)M7.5程度

❾ 周防灘断層帯 (主部)M7.6程度

❿ 日奈久断層帯 (日奈久区間)M7.5程度

※政府地震調査研究推進本部の主要活断層帯の評価から、今後30年以内の地震発生確率が3%以上のものを選んだ

※❹が起きたら富士山も心配。
ご注意ご注意。

・・・・・・・・・・・・・・

こちらは「SNS」での話題。

本当でしょうか?

01.png

02.png

03.png

04.png

05.png

※いまだに「水戸黄門」のように偉い人が
悪人を裁いてくれると思っている人がいる。
そんな事はありませんので。


さあこれから暑い日も続くようです。
水分補給を忘れずに。


ではでは・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com


posted by スクラップマスター at 07:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする