2022年04月16日

中国情報


こんにちは。

今回は中国情報をまとめて。



「妙佛」「MOTOYAMA」動画より気になるニュースを。


※妙佛より

・中国の自動車生産のメーカーが「破産申請」

「福田汽車」が4/8に破産の申し立てをした。
「BORGWARD」というブランド。
ドイツのブランドを買収して設立。
名前だけドイツだが、技術は中国製。
「永久保証」が売りだったが、一度も黒字になっていない。
昨年50億元の損失。
親会社も経営が悪化。

「技術力なきブランド戦略が失敗」

日本ではほとんど報道されない。



・「恒大グループ」どうなっているか?

現在も企業活動継続している。
21年の決算発表を先延ばしにしている。
中国ではよくあること。
7月に恒大グループの再建計画を発表すると言っている。
恒大の主要子会社である「恒大地産集団」の人民元建て
社債の取引も21日に停止となった。
海南島で建設中の集合住宅に取り壊し命令。
39棟の建物の取り壊しに対して異議を申し立てたら、
「その代わり、建物は没収する」という。
壊すにも莫大なお金が必要なので、没収された方が
被害が少ないという考えもある。
また成都の200の物件に関して、中古住宅を半額近くの
激安価格で販売を始めたが、逆に疑惑を与えている。
地元の業界団体から「これはハイリスク案件」と
注意喚起が起こっている。
このような安い価格が出ると不動産業界も困ってしまう。



・コロナ対策により「自殺者」が急増。

コロナ以外の病気で亡くなる人も増えており、
4/9以降ネット上に「病気に関する情報を出してはいけない」
「外国の情報も出してはダメ」。
深圳での「深圳中学」の超エリート先生の給料が
大幅にカットされて、激震が走っている。
この人達は北京大学・精華大学でた中国での最高エリート。
(共産党幹部たちは除いた場合)
大体日本円で600万円の人たちが、急に400万円になると
いう事ですが、住宅ローンは600万円に合わせているので、
すぐにでも安いところに引っ越さないと維持できない。
学歴的に中国で一番すごい人達でも、このような事態に
陥っている。
地元政府の財政が悪化している証拠。
(経済的に裕福なエリアでこのような事態になっている)
不動産が落ち込むと地方財政に悪影響がモロに出る。

上海でコンテナが止まると、中国中の流通に影響が出る。
政治的理由のせいで、経済の停滞は長引く。



motoyama.png


※MOTOYAMAより

・上海にある米国領事館の人達は、上海から一時的に
撤退する。食糧事情が最悪のため。 

・中国は本格的に「計画経済」になりそう。
中国東方航空の事故のフライトレコーダーの分析が
済んだようなので、ある程度の説明が必要ですが、未だに
概略説明などない。
「安全のためにコストを優先してはいけない」、
そのような事を政府は言ったらしい。
上海は食料品が足りなくて、困っている人が大勢いる。
食料品だけでなく、「酸素」「酸素ボンベ」が足りない。
「酸素」を生産している会社からコロナ患者が出たため、
その会社の操業を強制的に止めた。
この影響が大きくて、上海政府は急いで周りの都市から
酸素ボンベの調達に追われている。
救急車は酸素ボンベを運ぶことに使われている。
これが国際都市上海の現状。

封鎖している団地から1人でも感染者が出ると、
13日間の隔離が行われる。
その後14日目からは買い物などできるが、新たに
1人でも感染者が出ると、また13日の隔離政策になる。
買い物に行くにしても「陰性証明書」が必ず必要。

雲南省のある市の一部の団地は、140日間隔離となった。
中国政府はあることを発表した。
「全国の市場を統一する、大市場を作る」という意味。
つまり「計画経済」がいよいよ登場する。
社会主義市場経済の強みを強化する。

5つの統一
1.市場のルール 基礎の秩序を統一する
2.市場のレベルを上げる レベルを統一する
3.資源を統一する
4.商品とサービス 高いレベルに統一する
5.市場の管理、監査のルールを統一する

「計画経済」の始まり。
河北省の白菜の値段を、北京の公務員が決める。
安いか高いかは、市場が決めますが、計画経済では
この機能は失われる。
結果政府が何でも決めるようになる。
需要も供給もすべて政府が決める。

現在の中国は半市場経済。
原材料・エネルギー・交通・運輸など経済の柱は政府
若しくは国営企業がやっている。
WTOの条件として「徐々に市場経済に移行する」という
ものがありますが、完全に逆行し始めた。

物を買って、勝手に転売したり、家で育てた野菜などを
勝手に売ると捕まります。
個人の商売は禁止。
このようにして「政府の力を強化」していく。



どうでしょうか?

さすが「中国」、また「怖ロシア」です。



とりあえず今回はこのくらいで。


ではでは・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com





posted by スクラップマスター at 15:30| 中国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月21日

中国の7羽の黒鳥


こんにちは。

今日は中国の7羽の黒鳥(ブラックスワン)です。
(MOTOYAMA動画より)


スワンは白鳥です。

その名の通り「白いスワン」です。

スワンは「白」しかいないと長い間信じられていた。
というより、疑わなかった。

※金融・証券用語では「ブラックスワン理論」という。
全く予想外の出来事が発生すると、確率論や経験、
常識が通用しないため、社会や市場に極めて大きな
衝撃を与えるとする理論。
オーストラリアで黒い白鳥(ブラックスワン)が発見され、
それまでの「白鳥は白いものしかいない」という常識を
打ち破った出来事が由来となっています。
デリバティブ・トレーダーの経験がある米国の認識論研究者、
ナシーム・ニコラス・タレブ氏が提唱しました。


そのような恐ろしい「ブラックスワン」が7羽も
中国にいるという。

1羽目は「不動産」。

正月1/31〜2/6の間の不動産取引、深圳では0だった。
上海はそれでも500件ほどあった。
不動産の取引量も価格も全部下がっている。
不動産神話の崩壊。


2羽目は「地方政府の債務」。

昨年末の中国政府の発表では、債務は30.3兆元、550兆円弱。
ゴールドマンサックスの調査では、53兆元、960兆円だと。
政府もファンドも隠蔽している。
多分1800兆円に達するのでは。

地方政府の税収の黒字は「上海」だけ。
他の31個の省および自治体はすべて赤字。
中国の2/3の都市は実は破綻している。

3羽目は社会福祉・老後年金と医療保険

4羽目は人民の高齢化と少子化

5羽目は仕事・会社の問題

6羽目は食料の問題

7羽目は大学生の就職問題


結構長いので気になる方はこちらから動画を見てください。

ブラックスワン.png


ブラックスワン1

ブラックスワン2


なるほどと思いますよ。


IMG_5374.JPG


ではでは・・



スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com


posted by スクラップマスター at 09:48| 中国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月19日

記事色々


こんにちは。

今日もブログを見て頂きありがとうございます。


昨年上海で日本人が拘束されていました。

これがやっとニュースになった。

なぜ拘束されたかは依然不明。

相変わらずの中共のやり方です。

これでは怖くて中国には行けませんよね。


また「瀋陽」で起きた「バス爆発」事故?事件?
なのかは不明。

だがこれを受けて北京では「バス」乗車に関して、
荷物検査が行われ始めた。

単純な事故なのか?「テロ」なのかは不明ですが、
本当に不明なのかも「不明」。



香港の不動産大手の株式が半値以下に一晩でなった。

それも複数の会社で。

それほど香港はおかしくなり始めている。



IOC会見で「台湾は中国の一部」 
組織委の報道官が異例の発言

ただでさえ不正が疑われている今回のオリンピック。

「オリンピックに政治は持ち込まない」と
言っているにも拘らず、これです。


最近は特に中国と韓国のお互いに対する「嫌悪」が
凄まじくなっていると感じます。

まあ、中国では中国人女性が「和服」を着て観光地に
入ろうとしたら、「お前は南京を忘れたのか!」などと
罵声を浴びせられて入場できなかったそうだ。

相変わらずの「嫌日」はありますが。

「キムチ」「漢(韓)服」等の起源論争。

時が経ち交流があって現在に至る。

どうでもよいのでは?と感じるのは僕だけ?



そうそう「伊藤忠」と「ファミマ」での携帯電話の
買取り一時中止の騒動。

やはりというべきか、「再開の目処は未定とされていたが、
そのまま終了することになった。」とのこと。

まあ実験としては成功したのでは?

ただもっと現場なり、実際に取り扱っている人の
意見を聞いた方が良かったと思います。

でも「早かった」ですね、終了するのが。(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・

「出雲大社」に行きたくて仕方ない。

で、先日友人と一緒に行こうという話になりました。

その時に「伊勢神宮」もどうだ?と聞いたら、何度も
行っているので今回は行かないと。

学生3大駅伝、「箱根」「出雲」「熱田〜伊勢」がある。

すべて立派な神社があります。


ふっと「あれ?熱田神宮に行ったのいつだっけ?」と
記憶を辿ってみた。

名鉄の「神宮前駅」の真ん前にあります。


熱田神宮 地図.png

野球をやっていた時期は「熱田球場」には
数多く通った。

仕事ではすぐ横を数えきれないほど通った。

でも考えたら一度しか行ってないことに気づいた。

「これはイケナイ!行かねば!」。


昨日出かけたついでにちょっと足を延ばして「熱田神宮」へ。

たしか前回は初詣で横から入った思い出がある。


今回は南門(正門)の一の鳥居から進んでいった。

広さは東京ドーム5個分あるそうだ。

「宝物殿」などは次回に残しておき、今回は散策がメイン。

約2時間ほど歩いて廻りました。

本当に穏やかで良い日でした。


こちらが「一の鳥居」

IMG_5379.JPG



そしてご利益大の「大楠」

IMG_5339.JPG



本殿

IMG_5347.JPG


他にも写真を撮りましたので、しばらくは「熱田神宮編」です。


今日も皆さんにとって良い日でありますように。


ではでは・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com





posted by スクラップマスター at 11:20| 中国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする