2022年12月15日

これ凄いね。


こんにちは。

面白い情報を得たので紹介します。


豊田通商・岩谷産業・日揮HD、
廃プラスチックから水素を製造 協業検討で基本合意


記事。

suiso.png

豊田通商と岩谷産業、日揮ホールディングスの3社は12日、廃プラスチック(廃プラ)のガス化設備を活用した低炭素水素製造で、愛知県の名古屋港近郊での協業を検討する基本合意書を締結したと発表した。

2020年代中頃の水素製造を目指す。

年間8万トンの廃プラから1万1千トンの水素を製造する計画だ。

 3社は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からの委託事業として、水素製造や利活用の調査を実施してきた。

中部圏では、廃プラを回収して水素を製造する潜在能力があることが分かったため、協業の検討を始めた。

事業が軌道に乗れば、天然ガスからの水素製造と比べて温室効果ガス排出量を85%削減でき、発電所や各種モビリティ、港湾設備などでの水素の利用促進や工場の脱炭素化につながる。


※先ほどプラの師匠とやり取りしましたが「凄い」と。
日揮が入っているのが凄いから、これはいけると。


そこで「一般社団法人 プラスチック循環利用協会」が出した
2020年の「プラスチック製品の生産・廃棄・再資源化・
処理処分の状況」のマテリアルフロー図、を見てみた。

PDFはこちらから。

・樹脂生産量は1063万トン(再生材100万トン含む)

・一般系廃棄物から410万トン、農業系廃棄物から413万トン。
 合計823万トン。

そしてこのようになる。

haikibutu kei.png

・再利用(マテリアルリサイクル)分が173万トン。

・ケミカルリサイクル(高炉・コークス炉原料/ガス化
/油化が27万トン。

・ガス化(燃料利用)15万トン。

・固形燃料(RPF)/セメント原・燃料 187万トン。

・発電焼却 252万トン。

・熱利用焼却 55万トン。

上記が「有効利用廃プラ」となります。
※(サーマルが509万トンと突出して多い。

未利用分が112万トン。

・単純焼却 66万トン。

・埋立 47万トン。

さてどこの部分を使うのか?
トヨタも主体ですので「車由来」の物はここで
使われる可能性大。


・・・・・・・・・・・・・・・

続いてこちら「ブックオフ」の取り組み。

・ブックオフが再生樹脂を販売する新事業、
 年間1700tの廃棄CDなど活用

book off.jpg

「CDなど」と書いてあります。

さらに「CD-PP-NA」の表記が見えます。

実際のCDなどは「PC(ポリカーボネート)」が主原料。
そして記録媒体として「磁気膜」が塗布されている。

表面から
皮膜層(潤滑剤)
保護膜層(樹脂)
反射層(アルミ)
干渉皮膜(珪素系素材)
記録層(テリビウム鉄コバルト)
干渉皮膜(珪素系素材)
基盤(ポリカーボネート)
となります。基盤が最も厚みがあり基礎素材となります。
記録層は全体の数〜10パーセント前後しかありません。
(教えて!gooより)

この「PC」をリサイクルするのは非常に難しい。

そして「CD」のケースは主に「PS(ポリスチレン)」。

写真のこれは「DVD」のケースで使われている「PP」。



ここから記事。

三菱ケミカルグループや王子ホールディングスなど大手メーカーが集結するサステナブル素材の展示会に異色の企業がブースを構えた。

リユースショップ「BOOKOFF」を運営するブックオフコーポレーション(相模原市)だ。

同社は2023年1月中旬をめどにBOOKOFFで売れ残ったCDやDVDをリサイクルした樹脂「CDプラ」の販売に乗り出す。

高品質や安定供給を強みに拡販を目指す。

BOOKOFFでは年間2460万枚の中古CD・DVDを買い取っている。販売しきれない商品も多く、年間1700tに及ぶCD・DVDを廃棄しているという。そこで新しく立ち上げたのがリサイクル事業だ。

基本的にCDのケースはポリスチレン(PS)、DVDのケースはポリプロピレン(PP)、CD・DVDのディスクはポリカーボネート(PC)でできている。

正しく分別すれば均質で、質の高い樹脂へのリサイクルが見込める。

まずは、東京、名古屋、大阪など大都市にある直営店のBOOKOFFで排出するCD・DVDをリサイクル対象とする。

これらのCD・DVDは回収後、リサイクルを行うパートナー企業へ運ばれる。
そこでディスク、ケース、歌詞カードなど素材ごとに人手で分別後、破砕する。

CD・DVDのディスクにはアルミニウムの蒸着膜があるため、別途、水を使って除去している。

その上で各素材を加工し、ペレット状の再生樹脂とする。

再生ペレットは「CDプラ」というブランド名でブックオフが販売する。

現状の品ぞろえは4種類。具体的には、透明なPS、透明なPP、グレーのPP、透明なPCだ。

樹脂成形メーカーなどへの販売を見込む。価格はバージン材よりは少し割高になる見通しという。
(日経テクノスより)

※どちらにしろ素晴らしい動きですね。


ではでは・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com


posted by スクラップマスター at 12:24| 廃プラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月12日

「プラニック」本格稼働


こんにちは。

今日も見て頂きありがとうございます。



ロシアがウクライナに無差別攻撃をしています。

「北」は食糧問題が待ったなし。

イランは22歳の女性の死から、大規模なストライキや
衝突が過激になっています。

世界中大変なことになっています。


韓国の浦項製鉄所。

台風11号で大規模浸水の被害を受けた。

当初は3か月くらいで稼働できると発表していたが、
どうやら無理だと解ったようだ。

大型のトランス用意するのでも最低半年かかる。

完全復旧は2023年の春くらいまでかかると訂正。

という事は、多分2023年の夏くらいまでかかる。


・・・・・・・・・・・・・・・

「プラニック」を知っていますか?

株式会社プラニックは10月11日、
国内最大級のプラスチックリサイクル工場*(同社発表)
となる御前崎工場の本格稼働を開始した。

puranikku.png

これまで、自動車由来のミックスプラスチックは、
材質ごとの選別が困難なことからマテリアルリサイクル
されず、焼却処分(熱回収)されてきた。

特に、自動車や家電に多く使われている黒色プラスチックの
選別は困難とされてきたが、ヨーロッパで実用化された
国内初導入の軽液選別技術を活用し、PP、PSの選別を実現。

選別精度も高い。加えて、ポリプロピレンの品質と強度を向上、
また自動車の厳しい品質基準をクリアすることで、いわゆる
Car to Carリサイクル本格化に向けた動きを支援することが
期待される。

同工場では、年間約4万トンの廃プラスチックを受け入れ、
約3.2万トンのリサイクル原料の生産を目標とする。
受け入れ量(目標)の内訳を、ASRミックスプラ1.5万トン、
家電ミックスプラ1.5万トン、製品プラ1万トンと発表。

生産量(目標)内訳は、PP(ポリプロピレン)ペレット
2.5万トン、PS(ポリスチレン)/ABSフレーク0.7万トンの
合計3.2万トン、残渣物は0.8トン。
なお、同工場のエネルギー源として再エネの活用には
至っていないが、今後導入を検討していくという。

ウェブサイトはこちら。

※始まる時から話題でした。
今後の稼働状況に興味津々です。
できたら見学したい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitterより

・MHLWitter(@厚生労働省)さんがツイートしました:

マスクについては、屋外では原則不要です。
人と近距離で会話をする場合は着用が推奨されます。
屋内では人との距離が確保でき、会話をほとんどしない
場合は、着用不要です。
基本的な感染対策はメリハリをつけて、マスクは場面に
応じた適切な着脱に努めていただくようお願いします。

※散歩中マスクを外していると、遠くの人の目が痛い。
結局近づいたらマスクをしないといけなく感じる。
これはまだ治らない。


・ロシア・ウクライナ問題による資源価格の上昇や
円安進行などに伴って、電気料金が大幅かつ急激に
上昇しており、電力多消費産業である電炉メーカーの
収益を圧迫している。

燃料価格や為替レートの影響が反映される東京電力管内の
燃料費調整単価(特別高圧)は2022年入り後から段階的に
上がり続け、11月には年初比で1キロワット時当たり10円弱
アップする見通し。
同単価を含めた電気料金は前年同月比2倍前後の上昇率になり、
電気炉で操業する鉄鋼メーカーは悲鳴を上げている。

※電炉は当然電気を使う。
CO2削減と電気代の高騰。
どちらに軍配が上がるのか?

・「V2H」という言葉をご存じですか?
「クルマ(Vehicle)から家(Home)へ」を意味する
この言葉は、電気自動車に蓄えられた電力を、
家庭用に有効活用する考え方のこと。

※この言葉を知らなかったので調べた。



金運神社「金劔宮」

kinnkennmiya.png


今が一番大事。
今日もいい日。

ではでは・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com


Twitterやってます。

11.png
@scrapmaster111 フォロワー480名。
posted by スクラップマスター at 09:22| 廃プラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月02日

「怒っている!」とメールが入った。


こんにちは。

今日もブログを見て頂きありがとうございます。



昨日いきなりメールで「怒っている!」と。

どういうことかと、電話を入れてみた。


実は「農業用マルチフィルム」の事だった。

一時「もう売れないからゴミ」と言われていた「廃プラ」が
実は原油高などの影響で、海外で引っ張りだこになっている。

※現にプラスチックの成形会社には、いままで「ゴミ」だった
「インサート品(中に金属)」や「ダンゴ(掃除材入り)」
までも「有償」で買っていくようになったという。

では何故彼がそんなに怒っているか?

これが「農業用マルチ」に関して。

maruti.png


この「マルチフィルム」は非常に便利で、再生に向いている。

ところが「改正バーゼル法」により、「農業マルチフィルム」
は、税関で止められているのだ。

これは非常に理不尽であると。

真面目に申告などをしている業者が影響を受けて、
いい加減にやっている奴らが、利益を得ている。

なぜこのような事がまかり通っているのか(怒)と。

このような理由で潰れた会社もある。

(一例)
・産廃収集運搬のメイホウ破産へ
同社は1996年に設立。
工場から出る合成樹脂や合成繊維くず等廃プラスチック類
の収集運搬を中心に、建設廃材の収集運搬、農業用廃
ビニールのリサイクルなどを手がけ、2016年11月期には
売上高約1億2900万円を計上していた。

しかし、規模拡大に伴う人件費や機械設備の修繕費用などが
収益を圧迫し、17年11月期には赤字に転落。
その後も中国と台湾の廃プラスチック輸入規制の影響で
廃ビニールリサイクルの収入が減少。
19年12月末に事業継続を断念した。


彼からのラインの続き。

廃農業用ビニールはメーカー責任で引き取らせろ!

農家の負担が大きすぎるから、バーゼル法改正で
リサイクル業者が犠牲になる。
SDGsの作る責任使う責任を考えて欲しい物です。

※農家は本当に大変です。
「種」「マルチシート」「肥料」「燃料」が全て値上げ。



先日「納豆メーカー」が潰れていると話しましたが、
今は「もやしメーカー」が潰れている。

「原料種」「燃料」「資材」が全て値上げしているのに、
大量に仕入れている「スーパー」が、目玉商品だという
理由で、数円の値上げすら認めてくれないそうだ。

「卵」も物価の優等生と言われていたが、最大手が破綻。
「納豆」「もやし」「豆腐」など、優等生が潰される。


となると「量が減る」=「値が上がる」となります。

「値が安い」=「正義」とはなりません。

今値が下がっているのは「捕れ過ぎたカツオ」くらいです。




昨日帰りに寄った「池宮神社」「桜ケ池」
「龍神様(鯉)」が沢山泳いでいました。

IMG-7948.jpg

IMG-7950.jpg

今日もいい日です。


ではでは・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com




posted by スクラップマスター at 09:47| 廃プラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする