2022年04月22日

銅がやはり凄いことに


こんにちは。

今日もブログを見て頂きありがとうございます。



円安の動きにつれて「銅建値」も上がっております。

「鉄くず」も最高値に向かっています。

こちらは産業新聞に載っている「グラフ」

・関東鉄スクラップ相場 H2価格、全国で最高値
 「騰勢弱まる」の声も

東鉄価格.png

まあどうなるか?さっぱり判りませんね。


問屋さんが一番気にしているのが「口銭」「取り扱い手数料」
の問題です。

約25年前は銅が20万円をウロウロで、雑線仕入れが@20円/s。

それをコンセットなど取って、@40円で売っていた。

約50%が手間賃としてあった。

その後中国に@80円でコンテナ渡しをやった。

その時の仕入れは40〜60円。

平均仕入れ@50円としても30%以上の手間賃があった。

金額的に10〜20円くらいですか。


現在は雑線の仕入れが@400円位になっているらしいが、
では@50円位の手間賃が稼げるかというと、無理。

結局@プレーヤーの急増A中国人の活躍B情報が早いなどで
手間賃を確保するだけでも大変になっています。

・とにかくお金のやり取りだけで、儲からないし疲れる、と。

とっくに「レッドオーシャン」になっています。

皆「ブルーオーシャン」を探すのに必死です。

※ブルーオーシャンを見つけたら10年はOK。


・・・・・・・・・・・・・・


あー腰が痛いけど、これはあくまで私事。


太陽光パネルの大量廃棄問題 再エネ拡大に伴う課題を検討

・政府は太陽光パネルの大量廃棄問題など再生可能エネルギー
の拡大に伴う課題などを検討する省庁横断の会議を開きました。

 会議は経産省、環境省、国交省、農水省が合同で開催し、
太陽光パネルの大量廃棄や災害リスクなどについて
協議しました。

 このなかで太陽光パネルについて、耐用年数は20年から
30年で2030年代後半には年間50万から80万トンの使用済み
パネルが廃棄されると試算されています。

 これに対応するため、政府は効率の高いリサイクル設備の
導入を進めるための補助金制度やリユースを促進するための
体制の整備を検討します。

 対応策は、今年の夏までに取りまとめられる予定です。


・迷惑千万、カラスが「遊び」で石投下?
太陽光パネル破損被害相次ぐ 広島県大崎上島町
(中国新聞デジタル)

カラス被害.png

こんな考えもしなかった被害もあります。



また長期の気象予報によれば(各国で予想に違いはある)、
5月連休の後くらいに、台風直撃の予想も出てます。

現在集中豪雨や台風の被害が色々な国で起きています。

さらにすべてが「大規模洪水」「甚大な被害」を起こしている。

だから日本に来る台風は「巨大」なものが来ると思って
おかないといけません。

起伏の激しい丘陵地や、山間部に一気に作られた
「PV設備」を見ると、20年とか無理だろうと感じる。


※でも政府は「PV発電」を進めます。
 その方面の広告もいまだ凄い勢い。


・中国が関税回避か、東南アジア製太陽光パネルで
マレーシア、タイ、ベトナム、カンボジアからの
太陽光パネルを米国が調査

※あの手この手で来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

欧州はとにかく「ルール」を変えます。

ちょっと前まで「原発」はダメだと言っていたのに、
あの「グレタちゃん」ですら「CO2削減なら・・」と、
一気にテンション下がる。

そしてEU内では、今回エネルギー問題を抱えたため、
急に「原発はグリーン」と手のひらを返した。

そしてG7でこのように言っている。

石炭火力.png

都合よすぎでしょう。


日本の高性能石炭火力設備を導入させない方向。


昨年中国で「原発」の不具合の案件があった。

もしEU内で同様な事があったら、どうするのか?
また「原発反対」「火力発電復活」とするのでしょうか?

どうも「白人至上主義」が見えて仕方ない。


・・・・・・・・・・・・・・・・

ここからは「高校」の話。

九州のサッカー有名校で、コーチによる暴力があった。

これは生徒の動画から発覚したが、相変わらず
日常の事だったことが判明。

いい加減に暴力で支配するのは止めたほうがいい、
というより、暴力をふるった人はその世界には
戻れないようにした方がいいです。
他で仕事をさせましょう。

生徒の人生に変な影を落とすことは止めさせましょう。


こちらは九州のとある「日章学園九州国際高校」

・"C国に乗っ取られた日本の高校〜
入学式で中国国歌が歌われる衝撃の実態"

新入生の数が183名、日本人が16名、中国人が167名。
校長も中国人。

入学式で中国国家を歌う。

もともとは日本人のための学校。

経営を安定させるために中国人留学生を多く入れた。

このような事は、宮崎だけでなく、北海道・埼玉・池袋など
日本全国で起きている。

この動画では大規模団地の半数以上が中国人等の
ことを言っていますが、今回は高校の話。


また教師が、その立場を利用してイカガワシイことをして
逮捕されても、違うエリアで教師をして、また逮捕もある。

教師をやって逮捕されたら、絶対に教師に復帰させたら
ダメでしょう。

これは同じ教師が自分達の権利を守っているらしいが、
いい加減にした方がいい。
教師が出来なくなったら、他の職業で食っていくことが
出来ないと思っているのか?
そもそも「教師」って、そんなに偉いのか?と感じている。

「教師」=「偉い」という幻想は捨てましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・


#太陽光パネルリサイクルE NOTE



今日は大分県「大元神社」

大元神社.png

皆さんにとって最高の一日となりますように。


ではでは・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com









posted by スクラップマスター at 10:20| 非鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月16日

これ、利益あるの?


昨日ラインで連絡が来た。

「南さん、ピカ線の粗利2%ないですよ(笑)」と。


まあピカ線は、そのまま転売できるからね。

そして売るのに一番苦労しない物だから。


でも現在建値1190円/sで、高いものだと1100円に
近いものもある。


昔銅の建値が200円の時に、ピカ線の仕入れを150円で
やっていた時に、お爺さんが銅線を剝いたものを持ってきた。

太い銅線を自分で剝いたのだろう。

30cmくらいの物1本。

たしか1s位だったので、「150円です」と伝えた。


そうしたら怒り出した。

「お前これは『赤』だぞ。銅だと判っているのか?」と。


「ええ、だから今私たちが買えるのは1キロ150円です。」と
答えたら、「もういい!」と言って帰って行った。


今の時代なら、150円は怒っていいけど、当時は違う。

中国輸出が無い時代は、「ナゲット加工」しかなかった。

銅線を20円で仕入れて、赤身選別してコンセントを切って
40円で売っていた。

50%近くの粗利はあった。

手は掛かりますが。


そして「中国向け」に40fコンテナ輸出が始まった。

コンテナに詰め込んだら@80円で買うという。

それも日本の商社が、置き場渡しで@80円。

社長は「そんなの絶対にオカシイ、怪しい」と。


ただ、こちらが断ったら絶対に他社に行くに決まっている。

だから僕はお客さんに置き場@60円を出して回った。

その代わり、他の金属も価格が合えば売って欲しいと言って。


お客は驚いて「本当にいいのか?」と、くどい程聞く。

それで約25%取れて、一気に雑線の取扱量が増えた。


「安く買って高く売る」が商売の基本。

でも非鉄や鉄は「化かす」ことが難しい。

所詮原料は原料、製品ではない。


今は昔と違い、どこでも似たような価格が出る。

それは国をまたいでいる。


そうなると「人件費」や「電気代」などが安い方が有利。

まあ、現在のように「地政学リスク」が無い時代の話。


香港では、米国の会社の40%近くが「撤退」を考えている。

お隣の韓国では「日本企業」の多くと、他国企業が同様に
「撤退」もしくは、「他の国」へ移ることを検討中。


先のピカ線を仕入れた社長も、本当はもっと安く仕入れたい筈。

でも、その価格で仕入れざるを得ない。


利益は薄く、リスクは濃い状況はまだ続く。


鉄鉱石の先物価格が大幅に下がっているそうだ。

でも適当な価格で止まるだろう。


鉄くずは鉄鉱石と同じ動きはしない。

だから鉄くずは当分安泰。


ここ最近にヤードを開いた人達は、儲けるチャンス。

ただ、いつまで続くか?は、誰にも分らない。


今日は昨日の話を思い出して書きました。


ではでは・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com



posted by スクラップマスター at 09:37| 非鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月08日

銅が下がりました。

スクリーンショット 2021-03-08 084358.png

やはり来ましたか。


一気に銅が上がったが、皆仕入れには慎重だった。

その通りになりましたね。

一気に6万円の下げ。


リーマン前に非鉄全般が急騰したときは、
メーカーは代替え素材を探し回っていた。

その一つがアメリカ発の「モーター」で使われる
「銅」の「アルミ化」だった。


大型トランスならば蓋を開けてみれば、
アルミトランスかどうかは判る。

ただ、モーターに使われる「アルミ」は
表面処理してあるので、パッと見では分からない。


前に三〇電気からの入札でサンプルを貰った。

バラシて歩留まりを調べようと思っていたら、
何かおかしい。

手に持ったエナメル線が軽く感じた。

そこで切断面を見て、アルミだと気づいた。

リサイクルにおいては、非常に紛らわしい。

人の手ではできないので、機械に頼るしかない。


実際に銅が100万円近くにくらべ、アルミは200円ほど。

約5倍の違いがある。


そして同様に「レアメタル」「レアアース」にも
影響は及んでいる。


地球上で採掘して採算があうレアアースの6割は
中国です。

当然のようにこれからも「制限」をかけるでしょう。


・・・・・・・・・・・・・

日新製鋼・衣浦製造所(旧日金工衣浦)が今年11月に
製鋼を休止することが決まった。

衣浦の製鋼が終わる、ということは原料SUSスクラップの
購入もオーソドックスに考えれば止まることになる。

衣浦では現在約1万トンのステンレス鋼を生産。
外部購入スクラップは3000〜4,000トン/月。

下工程からのリターンスクラップもあるため、
溶解量に比すると外部購入は抑えられている。

SUSスクラップはひっ迫している、といわれるが
実態ではすでに鉄と同様に余剰だと思われる。

現在はとくにステンレスの薄板が不調をきわめており、
また特殊鋼メーカーも製品在庫余剰感あり生産調整中で
積極的にスクラップを購入しない。
実態は余っている。

関東地区でのメーカー動向、スクラップ需給をみても
余剰方向に傾いていくことが考えられる。

また輸出環境においてもすでに減少トレンドにはいっており、
中国ステンレスの台頭により相対的にアジアでのスクラップ
需要は減退傾向にある。

プライマリーニッケル価格の下落がなおスクラップコストを
下げることになる。

(中略)

(IRUNIV棚町裕次)記事より抜粋


ではでは・・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com







posted by スクラップマスター at 09:51| 非鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする