2022年02月13日

アメリカのフェニックスオープン


おはようございます。

今日もブログを見て頂きありがとうございます。



さてアメリカPGA、松山君が現在6位に上がっています。

そのフェニックスオープンです。


朝にテレビをつけたら、ものすごい数の観客。

ほとんどマスクを着けずに、大声援を送っている。

物凄い観客の数。

「あれ?アメリカはコロナ制限終わったの?」となる。


アメリカはオミクロン株が100%になったと発表。

でも1日あたり2300人が死亡している。

相変わらずですが、経済を回す方向で動いている。

かかっている人の大半が、若い人と未接種者。

この方式はこのまま世界に拡がるのか?


日本が厳しい入国制限をしていることに批判もある。

ただ、一気に拡がってピークアウトするのを待つのも
一つの方法とも思われるが、現状では難しいでしょう。

毎日10万人近くが感染しているし、農耕接触者の数も
一気に増えており知っている会社でも起きている。

3月になったらアメリカのようになるのだろうか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オリンピックで頑張っている日本選手。

楽しんでください。

代表になるのが大変でした。

とにかく4年に一度の大会です。

楽しんでください。


・・・・・・・・・・・・・


「原油」は無くならない?

このように言う人もいます。

「原油は地球内部から自然に生成される枯渇することのない
再生資源。」という人がいる。

これは「?」ですが、武田教授はこのように言ってます。
※中部大学教授

「石油はあと8000年は大丈夫」

 学者として「8000年」という根拠を説明しましょう。
そもそも石油は、さまざまな生物の死骸が長い年月を
かけて変化したものです。
このおおもとは、炭素(C)です。
46億年前に誕生した地球は、ほとんどが二酸化炭素
(CO2)でした。

 その後、ラン藻類のような、二酸化炭素を体内に
取り込み、炭素だけ残したまま、酸素(O2)を放出する
という生物が登場しました。
そのおかげで、われわれ人間のような、酸素を取り込んで
呼吸する生物が誕生したというわけです。

 炭素を体内に取り込んだ生物は、通常、死ぬと体外に
炭素(C)を放出するのですが、中には炭素を抱え込んだまま、
死骸となって海底に埋まってしまうものがいました。
これが、長い年月をかけて石油となったわけです。

 地球が誕生したときには空気の95%がCO2だったのに、
二酸化炭素が減って、酸素の割合が増えたということは、
それだけ炭素を抱え込んで死骸となった生物がいると
いうことです。
つまり、炭素の量を計算すれば、どれだけ石油があるか、
大まかな総量がわかってしまうというわけです。

 私の計算からすると、いまのペースで消費しても、
あと8000年は大丈夫なのです。

ではなぜ「あと8000年」が「あと40年」になって
しまうのでしょうか。
実はカラクリがあって、「あと○年」という数字は、
「いま採掘している、あるいは石油メジャーがある
作戦のもとに採掘可能な石油を公表している数字、
それをもとに計算すると……」ということなのです。

 故意に隠していたり(これがもっとも大きい)、
新たに採掘可能な油田が見つかったり、それまで採掘が
難しかったものが技術力で採掘可能になったりすると、
一挙に「あと○年」が増えるのです。
つまり、「あと○年」というフレーズは、石油で商売を
している石油産出国と石油メジャーにとって、都合が
いいから使っているというだけなのです。

※武田邦彦/著『武田教授の眠れない講義 
「正しい」とは何か?』より


このように書かれると、なるほどと思います。

ただ現在は良い悪いは別として「脱二酸化炭素」の時代に
なっています。

石炭・原油・LNGを使えば昔の地球に戻る。

戻るととても人類は住めないという事。


まあ地球が人類に与えた試練と考えましょう。


原油の件は不思議な気分です。


たいこ.jpg


ではでは・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com
posted by スクラップマスター at 10:08| 原油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月05日

恐怖映像です


おはようございます。

今日もブログを見て頂きありがとうございます。


先日高校の友人が、退職記念として四国・九州一人旅を
行い、Facebookに画像などを投稿していました。

最終日に博多から愛知に戻る際に撮られた映像。

高速の途中でどうしても「給油」せざるを得ない状況に。

その時撮られて映像がこちら。


gas.png

「ギャー」と叫びたくなります。


それほど「原油高」はコロナ後の社会に影響を与えている。



日本農業新聞の記事より

スクリーンショット 2021-11-05 083018.png

記事はこちら



また地球は「ガイア」と呼ぶ、一つの生き物であるという
考え方もあります。

その提唱者が凄いことを話している。

「ガイア理論の父」が警告

「ガイアが人類を破壊するかもしれない、
人類が地球を破壊する前に」
(クーリエ・ジャポン)

記事はこちら


最近の異常気象・火山噴火などを考えると、
ドキッとする発言ですね。


地球から見たら「人類」などは、表面を覆う「細菌」の
ようなものですから。

ちょっと怒れば、人口は半減してしまうでしょう。

・・・・・・・・・・

COP26のニュースも入ってきますが、一体感がないです。

それも当然で、議長国イギリスも「もっと削減しろ」と
言ってはいるが、燃料不足で大問題になっている。


・・・・・・・・・・・・・・・

昨日久しぶりに「若い社長」に呼ばれて行った。

「実は・・」と話し始めて、内容を聞いたら成程。

資源価格が高騰していく中、今まで荷物を定期的に売って
くれていた会社が「あっちは○○円」「こっちは○○円」と
価格を釣り上げてくる、と。

それで価格を合わせるので、定期的にお願いしたいと
伝えて、OK出たので「配車」を組んだら、当日になって
「荷物が無い」と酷い対応だった、と。


で、考えついたのが、僕らと組んで今動かしている荷物を
何とか出来るのではないか?と。

実は1年前にもその提案をしていたが、上手く運べなかった。

今回は当時不安だった件がすべて解消されていた。


で、仲間に連絡をとり、来週直ぐに動くようにした。


つまり「事が上手くいく時期」というものがあります。

だから「天の時」ではないが、「時期」は存在します。


この1年間は、こちらに話がやって来る為に必要だった。

そのように考えると非常に嬉しいです。


蒔いた種がすべて芽を出すことはない。

また芽を出す時期も全然違う。


でも「種をまく」ことをしないと絶対に「芽」は出ない。

そんな事を感じた日でした。


今から出かけないといけないので、神社の紹介は次回に。


今日も皆さんにとって良い日でありますように。


ではでは・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com
posted by スクラップマスター at 08:53| 原油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月29日

燃料高すぎる


おはようございます。

今日もブログを見て頂きありがとうございます。


昨日「軽石」の事を書きましたが、大災害です。

漁業、船舶、観光他にも長期戦になりそうと。

この先、思わぬところにも影響が出そうです。

国が対応しないといけない事案になりそう。


思えば日本は四方を海に囲まれています。

そして広い海域を有していますが、このような事態が
起こるとは想像も出来なかったことです。


先ほどテレビでは、駿河湾の「しらす漁師」に
インタビューしていました。

もし駿河湾に軽石が流れ始めたら、シラス漁は無理だと。

大津波級の災害です。


また原油などの資源価格の高騰で、「イチゴ農家」が
暖房費に頭を悩ませています。

記事はこちら

原油の高騰に伴い、産業用の重油の価格も高止まりしてます。
冷え込みが進み、ハウス栽培で暖房を使用する山形県の
農家の経営にも重くのしかかっています。

山形県寒河江市の観光イチゴ園。

大型暖房器具8台を使用し、約4500平方メートルある
ハウスの温度調整をしています。
一日に使用する重油は、平均3キロリットルです。

仕入れ値は、さらに高く1リットル89円。経営を圧迫します。

【ストロベリーファーム 武田幸太郎さん】
「前年から見て20円も高いというのは記憶にない。
一晩で1万円くらい違う」

いちご.png



・・・・

ここで計算してみます。4500平米÷3.3=約1360坪。

3キロリットル=3Kℓ=3000ℓ

3000ℓ×89円/ℓ=267,000円。

25日稼働したら267000円×25=6,675,000円。

昨年より20円/ℓほど高いとのことで、
昨年は3000ℓ×69円×25日=5,175,000円。

つまり一月で150万円ほど高くなっている。

※7ハウス内を5℃以上にするためなので、使用量にも
差があると思われます。

この計算だと1日6万円違いますが、一晩で1万円位違うと
言っていますので、実質は25〜30万円くらいです。

使用しているのは「重油」だから、多分「A重油」だろう。


先ほどの計算だと1日に3Kℓで約27万円が燃料代。


「RPF」を使ってハウスを温めることも可能だろう。

現在のRPF価格は1s高くても10円/sくらいだろう。
1トンで1万円。

木質ペレットだと高いが、RPF相当なら間違いなく安い。


これを「EPG」で行えば、「RPF」もその他の有機物を
燃料として使用することが可能です。

通常の廃プラ、紙など問題ない。

非常に便利で、有意義な使い方が出来る。


という事を、昨日ずっと電話で話をしていました。


・・・・・・・・・・・

コロナが落ち着き始めたら、資源・燃料価格の高騰。
さらに海底火山の軽石の影響。
盛り土、メガソーラー、CO2削減と何かに追われているよう。

こちらは「蒲郡竹島」の海の様子

1010.png

もしこのような綺麗な海が、軽石などで黒くなったらと
考えると、やるせない気持ちになります。


今日は竹島の「鳥居」と「大黒神社」の写真です。

皆様に「福」が届きますように。

321.png

432.png


※私のブログ読者は大体変わらず300名前後です。
最近はほとんど変わりません。
だから「PV」も記事×訪問者数だから300〜700くらいです。
ところが昨日は一気に1700pvなので驚いて調べてみた。
どうやら新規の方達が、一気に数十の記事を閲覧したらしい。
ありがとうございます。



ではでは・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com




posted by スクラップマスター at 10:38| 原油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする