2022年05月13日

ペットボトルの「B to B」が加速する


こんにちは。

今日もブログを見て頂きありがとうございます。


容リ協の綺麗なペットボトルは「B to B」に買い占められた。

と、言ってもよいほど関東圏のペットボトルは一企業に
殆ど抑えられました。

それでも、「B to B」に向けられる廃ペットボトルの
総量の30%でしかない。


今回はそれに輪をかけた動きがいよいよ始まった。

・アサヒ飲料、異物混入しても使用済みPETを再びPETへ
ボトルtoボトルの障壁にメス 世界初となる工場商業運転で


メカニカルリサイクルの対象となるのは、主に自治体
(市町村)ルートなどで回収される良質な使用済みPETで、
自販機のリサイクルボックスなど事業系ルートから時に
異物とともに回収される品質劣化した使用済みPETは
対象外となっている。

アサヒ飲料の今回の取り組みはボトルtoボトルの障壁に
メスを入れ、メカニカルリサイクルでは対応が難しいと
される事業系ルートを補うものとなる。

 5月中旬から、グループ会社のアサヒ飲料販売が直販する
首都圏エリア約3万台の自販機で回収される約2000tの
使用済みPETを対象に水平リサイクルを開始する。

ケミカルリサイクルは、化学的再生法と呼ばれ使用済みPETを
PET樹脂の分子レベルまで分解するため不純物の除去能力が
高く、異物とともに回収される品質劣化したPETにも対応する。

今回の自販機を起点とした水平リサイクルは主に以下の
流れで進められる。

(1)アサヒ飲料販売が直販の自販機リサイクルボックス
から回収した飲料空容器を中間処理業者が容器別に分別し
PETをフレーク(薄片)化する

(2)ペットリファインテクノロジー社が中間処理業者から
フレーク化したPETを受け入れリサイクルPET原料(PET樹脂
・ペレット)に再生してアサヒ飲料に引き渡す。

(3)アサヒ飲料はこのリサイクルPET原料を使い「三ツ矢」
「カルピス」「十六茶」「おいしい水」「バヤリース」の
一部の大型PETに再利用する。

 物流などの観点から工場近隣の首都圏でスタートし
年内をめどにグループ(アサヒ飲料販売・九州アサヒ飲料販売
・ミチノク・アサヒオリオン飲料)で管理する約7万台の
自販機で回収される約4600tのPETを再利用する。


CO2排出量は(バージン原料使用に比べ)47%の
削減効果がある」と説明する。

アサヒ飲料はこのほどリサイクル PET・環境配慮素材の
使用に関する目標を上方修正し、PETについては2030年までに
全量を環境配慮素材に切り替えることとした。
(食品新聞)

記事全文

※サントリーやキリンでも同様な動きがある。
ということは、「ペットボトル」に関しては、
価格の低下考えにくい。
さらに取り合いになり、ペットシートや繊維に加工している
企業はさらに窮地に立たされることとなった。


・・・・・・・・・・・・・・・


関東鉄源協組の5月鉄スクラップ輸出入札、5カ月ぶり「不調」。
想定下回る価格提示で(鉄鋼新聞)

※東鐡が下げたので、一気に下がる可能性あり。



昨日とある非鉄会社社長と電話で長話をした。

・多分明日、銅5万くらい下がると思う
・高い時に仕入れたもの、ぞっとする
・やはり発生は悪い
・中華系の動きはやはり気になる
・中国自体の動きは、中々分かりずらい
・円安でこの価格だと、円高になるとぞっとする
・ただ円は140円位までいくのでは

とまあ、今までずっと上がって来たので、その揺り戻しと
考えることもできるが、この先が非常に心配だと。

※コロナ、ウクライナ紛争、中国、エネルギー価格高騰、
その他も軒並み上がっており、日本はまだマシに思える。



こんな時こそ「金の布袋様」

金布袋様.png

※このような時でも、新たな「芽」は出ています。


ではでは・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com
posted by スクラップマスター at 08:48| ペットボトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月22日

ペットボトル・・


おはようございます。

今日もブログを見て頂きありがとうございます。



今朝ごみを捨てに外にでたら屋根や車が雪で真っ白。

今年何回目でしょうか。

割と暖かい地域でこの20年無かった出来事。
雪が降る回数多すぎです。

僕らの地域でこれなので、雪の多い地域の皆さんは
本当に気を付けてください。



ペットボトルのリサイクルはどうなるのか?心配です。

今回はコカ・コーラなどの飲料メーカーが進める
「B to B(ボトルからボトル)」が主な原因。

ただ、金属、紙、ガラスなどに比べて「リサイクル」という
歴史は非常に短い。

ペットボトルは主に「繊維」「シート」に加工されていた。

というのも、「B to B」は非常に難しかったから。
だからとても高価なものになってしまう。

でも「SDGs」「グリーンリサイクル」「CO2削減」の
錦の御旗に逆らうことができない。

さらに「国連主体」という、世界を巻き込む騒動。


で、ペット樹脂のバージンよりも高価になっている。

今までそれで「繊維」「シート」を作っていた会社は
方向転換を迫られている。

つまり「バージン材」を使うかどうか?

20年前はペットボトルが急激に使われ始めた時期で、
ベンダーなどがその処理に困っていた。

だからペットボトルだけ「粉砕機」にかけて減容して、
燃やすかどうか悩んでいた。

丁度中国が台頭してきた時期で、多くの中国人が日本に来て
安価なペットボトル粉砕品を「樹脂原料」として
買い始めた時期だ。

原油自体もそんなに高くない時代。

多くの「樹脂」が一気に中国を目指した時期。

また「容リ協」も作られて、「リサイクル」という
「錦の御旗」を掲げた時期です。

その後、日本のペットボトルリサイクルの会社は全滅。

残ったのは中国と、それと張り合う事の出来る技術などを
有する新興企業のみ。

でもそれすら存亡の危機になり始めた。

(い・ろ・は・す 100%リサイクルの図)
いろはす.png


もしこのままだと事業転換をしなければいけなかったり、
バージン材を使用することになって、現在大手が進める
「B to B」が崩れたら、ペットボトルリサイクルはどうなる?

発生量自体は「コロナ」の影響や「SDGs」のおかげで
ドンドン減っているが、それでも相当な量です。

僕自体は「ペットボトル」の行政の収集に実は反対。

もう「デポジット」で買取り、もしくはポイント還元で
任せた方がいいと思う。

住民に任せるべきで、可燃ごみにする場合は中身を捨て、
嵩張らないようにして「可燃ごみ」にすればよい。

そうすれば「燃焼エネルギー」が増幅して、内緒で
石油などを燃やす量も減るという事。

容リ協は何か考えているのだろうか?


・・・・・・・・・・・・・・・・

小泉元首相達がやたら「原発反対」を推している。

ただ、元環境相も含めて「小泉家」はソーラーパネルを
進めることで相当な恩恵がもたらされている、という
噂がずっとある。

だからやたら「太陽光発電」を進めるのか。

でもそれも曲がり角になり始めた。

次は「風力」「地熱」「海流」のどれになるのか?
小型核融合発電も注目ですが。


・・・・・・・・・・・・・・・・

ウクライナもそうですが、ミャンマーも大変です。

キリンホールディングスがビール事業を撤退。

今度は三菱が「天然ガス採掘」を断念した。

技術的・経済的理由だが、人権問題も影響かと言われている。

これでミャンマーは軍事政権のままでいく。

中国は完全にすり寄り、呑み込む方向だろう。


ウクライナ情勢も混とんとしていますが、実はロシアは
戦争をやりたくはない、という説がある。

戦争をしてもロシアには「利」がないという。

やたら「バイデン」が煽っているように見える。

そういえば最近見ない「トランプ」が、新しいSNSで
近々発信を始めるという、非常に気になる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

(@産経ニュース)さんがツイートしました:
「培養魚肉」スシローなど参入で開発競争過熱

記事一部抜粋

培養魚肉は、生きた魚の細胞に養分を含んだ培養液を与えて大きくする。成形には培養牛肉と同様に3Dプリンターを使うケースが多い。すり身状のものが主流だったが、米企業のワイルドタイプは味や見た目も天然のサケに近い切り身を作ることに成功し、試食会で握りずしを披露した。

記事全文


いよいよ「培養肉」につづいて「培養魚肉」の時代か。

そのうち「魚の骨」が入っていたら、訴えられる時代に
なるかもしれませんね。



「熱田神宮の大国主」

IMG_5375.JPG

今日も皆さんにとって良い日でありますように。


ではでは・・


スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com

posted by スクラップマスター at 09:13| ペットボトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月19日

ペットボトルリサイクル

トヨタの減産計画では、来月に国内外の生産台数を
当初計画から約33万台引き下げる。

このうち国内分は約15万台。
今月に続いて大幅な減産を強いられる。

 対象となるのは、全14工場28ラインのうち27ライン。
子会社トヨタ車体の吉原工場(愛知県豊田市)は、
第1ラインを10月1〜15日のうち計11日間休業する。

新型のスポーツ用多目的車(SUV)「カローラ クロス」
を造る高岡工場(同)の第1ラインは、計9日間操業を止める。

 一方、スバルは国内3工場の今月の休止期間を3日間
延長すると発表した。
対象は群馬製作所で完成車を製造する本工場(群馬県太田市)
と矢島工場(同)、エンジンなどを手掛ける大泉工場
(同県大泉町)で、7日から操業を見合わせている。

これまでは20日に再開する予定だったが、
22日まで稼働停止を続け、23日の再開を目指す。

 スズキも、二輪車を生産する浜松工場(浜松市)で
20日の稼働を停止すると発表した。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ペットボトルリサイクル。

分かりやすい記事が出ていました。
(東洋経済オンラインより)

サントリーホールディングスは今年10月から、大阪市鶴見区内
でペットボトルを回収する実験的な取り組みを始めた。

大阪市は環境省の「プラスチックの資源循環に関する
先進的モデル事業」の対象となっている。
サントリーはその事業に参加する一企業として、
このプロジェクトに参加しているのだ。

現時点では、サントリーの子会社である「サントリー
MONOZUKURIエキスパート」と神戸市の古紙回収業
・マツダの2社が参加している。

今回のプロジェクトは、これまで大阪市が行っていた
各家庭からのゴミ回収の一部を民間の事業者に委託
していることが特徴だ。
さらに、従来は回収したペットボトルを「廃棄物」として
自治体が費用を負担しリサイクルしていたが、今回の新しい
仕組みではペットボトルをペットボトルにリサイクル
するために、価値のある資源として取り扱う点が新しい。

地域住民は、ペットボトルの清潔度に応じて
サントリーから対価を受け取る。

例えば鶴見区緑では1キロ当たり5円、年間で1万〜1.5万円
になる見込みという。
一方、サントリーは集めたペットボトルを大阪市内
などで減容化し、栃木県の再資源化事業者に売却する。

その後、ペットボトルの原型(プリフォーム、ペットボトル
として膨らませる前段階の中間製品)を全数買い戻している。

サントリーが回収に携わる大阪市鶴見区緑地地区は、
もともと地域コミュニティーで古紙回収を行うなど、
環境対策への取り組みが熱心な地域だった。

大阪市環境局の松山氏は「この地域の方々は協力的で
事業に参加してくれている」と話す。

それにしても、サントリーはなぜ自治体からペットボトル
を回収する必要があるのだろうか。

サントリーは「ペットボトルを最も効率よく循環できる
方法は、ペットボトルに再生すること」としている。

ペットボトルへリサイクルすることと違い、衣服などの
異素材にいったんリサイクルすると、ペットボトルに
再生できなくなるためだ。

また、新規にペットボトルを作るには石油資源を使い、
より多くの二酸化炭素を排出することになる。

このためサントリーHDは、2030年までに世界で使用する
すべてのペットボトルで、石油由来原料をゼロにする
目標を掲げ、それを達成するために約500億円を投資する。


子会社のサントリー食品インターナショナルでは
2025年までに国内清涼飲料事業における全ペットボトル
重量の半分以上で、再生PET素材を使用することを目標に掲げる。

日本コカ・コーラも2022年までに、国内で使用する原材料の
半分以上を再生ペットボトルにすることを目標にしている。

現在の再生ペットボトル使用量は、サントリーは世界で約1割、
国内は約2割、日本コカ・コーラは約17%にとどまる。

こうした目標を達成するうえでの課題は、資源として
利用できる状態のペットボトルをどのようにして集めるかだ。

使用済みペットボトルは、家庭から出るものとコンビニや
自販機など事業系から出るものの2種類がある。

前者の多くは家庭で洗浄・分別され、比較的きれいな
ことが多く、「資源としての価値は事業系ゴミの2倍ほど」
(サントリーの孫会社で、自販機管理を行うジャパン
ビバレッジ環境部の梶原章部長)という。

ただ家庭ゴミは、自治体で回収・分別が行われた後、
競売にかけられるため、メーカーが一定量を安定的に
確保することが難しい。

サントリーが今回、使用済みペットボトルの直接回収に
乗り出したのは、家庭から出るペットボトルを安定的に
得るためにほかならない。

飲料メーカーの頭を悩ませているもう1つの課題が、
自動販売機の隣に設置されている「空容器回収ボックス」だ。

本来は販売したペットボトルを資源として回収する目的で
設置されているが、異物の混入が後を絶たない。

「最近はコンビニも店舗の中にゴミ箱を置くようになり、
テロ対策で公園のゴミ箱もなくなった。

そのため、自販機横の回収ボックスにゴミが捨てられている。
タピオカのカップが投入口をふさいで、本来入れるべき
ものが入れられないケースも多々ある」
(ジャパンビバレッジの梶原氏)。

異物とともに捨てられ、汚れたペットボトルは、飲料用の
容器として再生することは衛生上難しい。
サントリーによると、ほかのゴミによって汚れていたり、
タバコなど異物が入っているペットボトルは焼却する
しかないという。

000.png

飲料メーカーでつくる全国清涼飲料連合会の甲斐喜代美氏は
「2019年4月から、ペットボトル以外のものを入れないよう
に啓発するステッカーを貼っているが、効果が見られない。

モラルの問題にも取り組む必要がある」と嘆く。

・・・・・・

このように各メーカーのの思惑が読めますね。


ではでは・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com






posted by スクラップマスター at 09:16| ペットボトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする