2021年11月05日

千葉市の方針


※追加です。


先ほど「千葉市」の新聞記事が届きました。

とりあえず貼っておきます。


1.メタル・リサイクル・マンスリー

011.png


2.千葉市再生資源物の屋外保管に関する条例の概要

022.png


3.保管基準の概要

031.png


2.千葉市〜条例の概要

@立地基準・保管基準を定めた許可制の導入等

ア)立地基準の設定
 ・住宅等の敷地から100m以上離れた土地に設置すること

イ)保管基準の設定
 ・屋外保管する場合の高さを5m以下等にする措置
 ・火災の発生又は延焼を防止するための措置
   1つの保管体の最大面積(200m2以下)
   保管体同士の距離(2m以上)
 ・油、汚水等の浸透防止措置
 ・掲示板、囲いの設置

ウ)説明会の開催
 ・周辺300m以内の居住者に対する説明会の開催を義務化

新規事業者=設置に対する市の許可を要す
既存事業者=みなし許可(届出・保管基準への適合確認必要)
※いずれも有効期間5年間・更新制

A再生資源を屋外保管する者に対する市長の権限
 報告の徴収、立ち入り検査、義務違反に対する勧告・命令、
 事故時に必要な措置を講ずる命令、停止及び許可の取り消し

B罰則
 ・無許可での屋外保管事業場の設置・変更、命令違反等
  「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」
 ・使用前検査未受検での使用、無許可譲受け等
  「6か月以下の懲役又は50万円以下の罰金」
 ・軽微な変更の無届、立ち入り検査忌避等
  「30万円以下の罰金」


3.保管基準の概要

ア 100m2より広い事業場に課される基準
  (ア)屋外保管の場所の周囲に囲いが設けられていること
  (イ)必要な事項を表示した掲示板が設けられていること

イ 面積にかかわらず事業場に課される基準

  (ア)再生資源物や汚水などへの措置
   a 再生資源物の荷重に対しての囲いが構造上安全で
    あるようにすること
   b 容器を用いない場合、再生資源物の高さが
    「勾配比1:2」又は「5m」の低い方を越えないこと
   c 保管場所の底面を不浸透性の材料で覆い、油分離装置、
    排水溝などの設備を設けること
   d 騒音又は振動によって生活環境の保全上支障が
    ないように必要な措置を講ずること
   e ねずみの生息やハエ・蚊の発生などの原因と
    ならないようにすること

  (イ)火災の発生又は延焼を防止するための措置

   a 再生資源物がその他の物と混合するおそれの
    ないように他の物と分離して保管すること
   b 電池、潤滑油その他の火災の発生又は延焼のおそれが
    ある物が含まれる場合、技術的に可能な範囲で適正に
    回収して保管すること
   c 再生資源物の保管単位の面積を1か所当たり200m2
    以下とすること
   d 隣接する再生資源物の保管の単位の間隔は2m以上と
    すること(仕切りがある場合を除く)

ウ 適用除外

  千葉市火災予防条例に規定する指定可燃物である場合、
  保管基準は同条例の基準を適用する


以上ですが、必ず他でも確認してください。


皆さんのお役に立てれば嬉しいです。



ではでは・・

スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com


posted by スクラップマスター at 11:34| ヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月08日

関東激震!大丈夫ですか。

おはようございます。

今日もブログを見て頂きありがとうございます。


いやあ昨夜の地震アラートビックリしました。

しかし私の地域は震度1。

あれ?とニュースを見たら、関東で震度5強も。


特に震度5が結構広い範囲でありました。

今後も余震に気を付けてください。


MEGA地震情報が、東北と関東(特に今回の震源地)を
特に注意地点と言っていました。

見事に当たりました。


やはり地点観測の情報集積は馬鹿に出来ないですね。

今後も頭に入れておいた方が良いでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・

また昨日は驚きのニュースが「千葉市」から。

それがこれ。

000.png


千葉市 全国初のスクラップヤード規制条例案を可決


千葉市議会は5日、火災発生の懸念がある金属スクラップ
ヤードを規制する条例案を全会一致で可決しました。

 「千葉市再生資源物の屋外保管に関する条例」は
金属スクラップや木材などの再生資源物のヤードを
市の許可制にして管理していくもので、条例案が5日の
市議会で全会一致で可決され、成立しました。

 千葉市によりますと、再生資源物の屋外保管を許可制で
規制する条例の制定は全国初だということで、議会閉会後、
記者団の取材に応じた千葉市の神谷市長は「条例案が
可決され、非常に意義深い」と述べました。

 そのうえで、再生資源物の屋外保管は実際に被害も
出ている長年の地域課題として、既存のヤードに対し、
条例の適合を求めていく姿勢を強調しました。

 神谷市長は「これからはいま(市内に)ある75か所の
保管所は条例で定める保管基準に適合した形にして
もらわなければならない」「それから、不適切な対応に
ついては厳格に条例を適用していきたい。地域の人が
不安なく生活できる環境を実現したい」と述べています。

チバテレ(千葉テレビ放送)


これは画期的ですね。

早速棚町氏にライン入れたら、「今記事にしています」と。

ただ「千葉市」です。

でもこれで全国に拡がると思います。


今後の展開に期待です。


友人社長にも送ったら、「通りましたか!」と。

先にその件を知っていたようです。

これで真面目にやっている方と、そうでない方々の
区別がつきやすくなります。

あとはどのように広がっていくかです。



※今日の言葉※

・閃いたことはすべてやればいい



ではでは・・


スクラップマスター南

yukimm425@gmail.com
posted by スクラップマスター at 08:08| ヤード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする